『ガンダム水星の魔女』プロローグからキャスト・ネタバレあらすじ・機体を紹介!

ガンダム・ルブリス ガンダム

2022年10月放送開始の『機動戦士ガンダム 水星の魔女』

プロローグを見ると、しっかり作りこまれたガンダムの世界観に引き込まれます!

これから始まる本編を楽しむために、プロローグからのの情報を整理していきます。

スポンサーリンク

『機動戦士ガンダム水星の魔女』プロローグより登場人物およびCV

役名 CV 画像と説明
エリクト・サマヤ 一ノ瀨加那 エリクト・サマヤモビルスーツ産業最大手ベネリットグループが運営するアスティカシア高等専門学園にスレッタ・マーキュリーとして編入する少女。
エルノラ・サマヤ 能登麻美子 エルノラ・サマヤエリーの母。
ヴァナディース機関の研究員。
テストパイロット。
ナディム・サマヤ 土田大 ナディム・サマヤエリーの父。ガンダム・ルブリスの開発マネージャー。
モビルスーツ開発企業オックス社から、ヴァナディース機関に出向している。
カルド・ナボ 一城みゆ希 カルド・ナボ ヴァナディース機関の代表者。
ナイラ・バートラン 小島幸子 ナイラ・バートランヴァナディース機関の研究員。
オペレーター。
ウェンディ・オレント 大地葉 ウェンディ・オレント ヴァナディース機関の研究員。
テストパイロット。
デリング・レンブラン 内田直哉 デリング・レンブラングラスレー・ディフェンス・システムズ社幹部。CEOサリウス直属の部下。
サリウス・ゼネリ 斧アツシ サリウス・ゼネリ グラスレー・ディフェンス・システムズCEO。モビルスーツ開発評議会を構成する権威の一人。
ヴィム・ジェターク 金尾哲夫 ヴィム・ジェタークジェターク・ヘビー・マシーナリー社次期CEO。父は同社のCEOでモビルスーツ開発評議会のメンバー。
ラジャン・ザヒ 花輪英司
ケナンジ・アベリー 上田耀司 ケナンジ・アベリーモビルスーツ開発評議会の特殊部隊ドミニコス隊のパイロット。
グラスレー社製モビルスーツ、ベギルベウに搭乗し、その腕を振るう。
スポンサーリンク

『機動戦士ガンダム水星の魔女』プロローグあらすじ

小惑星に建造されたフロント、フォールクヴァング
ヴァナディース機関のラボでは、ガンダム・ルブリスの稼働実験が行われていました。

テスト・パイロットのエルノラ・サマヤモビルスーツ開発評議会から課された条件をクリアできず、焦燥感を募らせています。

責任者のカルド・ナボは「今日はここまで」と終わりを命じます。
ここの日はエルノラの娘・エリー(エリクト・サマヤ)の4歳の誕生日。父・ナディムとともにバースデーケーキでお祝いをします。
エルノラの腕はガンドフォーマットを用いた義手であり、そのためガンドフォーマットの健全性を証明しようと必死になっていることがわかります。

モビルスーツ開発評議会ガンドフォーマットを搭載したモビルスーツを良しとせず、『搭乗者への負荷』を理由に反対しています。

評議会ではサリウス・ゼネリの「これでオックス・アースも終わりだな。アーシアン風情が出しゃばるから」と発言。
モビルスーツ開発の倫理を守る監査組織「カテドラル」の統括代表デリング・レンブランの「ヴァナディースの連中がガンダムを完成させてからでは手遅れになる。魔女への鉄槌を」という発言もあり、評議会の目的はガンダムの殲滅にあることが明らかになります。

オックス・アース社に輸送船『ユリシーズ』が入港し、銃撃戦が始まります!
ナディムは「評議会は一線を超えた。ルブリスで出る」と敵モビルスーツと対戦します。

評議会側はガンダム・ルブリスの速さに驚愕!
ルブリスがファンネルを射出したあと、ナディムは荒い息。体への負担が大きいようです。
ナイラを撃たれた怒りをそのままに、ウェンディも出撃してきます。
次に評議会側から投入されたモビルスーツ・ベギルベウは、驚くべきことにガンドフォーマットを無効化する『アンチドート』を用いてウェンディ機を撃墜します。

そのころようやくエルノラは、ルブリスのコックピットにいるエリーを発見。
二人をコックピットに入れたまま、ルブリスは起動を始めます。

エリーの生体認証で高いシンクロを示すルブリス。
スクリーンに現れた敵影をエリーがゲームのように指で触れるだけで、ルブリスのガンビットが敵機を爆破していきます!

それを「ロウソクみたいで綺麗だね」と喜ぶエリー
迫りくる敵機から妻子の乗ったルブリスを逃がし、ナディムは散っていきます。

「我らカテドラルは全てのガンダムを否定します」というデリング・レンブランの言葉でプロローグは締めくくられます。

GUNDフォーマット(ガンドフォーマット):義肢などの福祉工学に端を発する身体機能拡張技術「GUND」をモビルスーツに応用した機構

GUND-BIT(ガンビット):次世代群体遠隔操作兵器システム

アーシアン:ヴァナディース機関とそれを買収したオックス・アース社

スペーシア:評議会、グラスレー・ディフェンス・システムズ等

ガンダムくん
ガンダムくん

『水星の魔女』というタイトルの意味を考えさせるプロローグだったな!

シャア専用ズゴック
シャア専用ズゴック

いや、さすがに4歳の女の子が3機撃墜はヤバすぎだろ…

スポンサーリンク

『機動戦士ガンダム水星の魔女』プロローグに登場する機体の紹介

ガンダム・ルブリス(GUNDAM LFRITH)

地球で設立されたオックス・アース・コーポレーションが開発した試作モビルスーツ
義肢などの福祉工学に端を発する革新的な身体機能拡張技術『GUND(ガンド)』をモビルスーツ用に発展させた『GUNDフォーマット』を搭載し、領域横断的な戦闘能力を獲得した。

これは『GUND-ARM』と総称され、やがて世界はそれを『ガンダム』と呼ぶようになった。(バンダイ・HGガンダムルブリス取扱説明書より)

ガンダム・ルブリス

ガンダム・ルブリス

ベギルベウ(BEGUIR-BEU)

世界でもっとも有名な重工メーカーの1つであるグラスレー・ディフェンス・システムズが開発したモビルスーツ。

リンク(骨格)の連結部分となるジョイント(関節)をEMT(電動モーター)で駆動させるモビルスーツの基本構造を踏襲しつつ、各所に最新技術が導入された高性能機である。

本機は複数のモビルスーツ企業が結成したモビルスーツ開発評議会の私兵からなるドミニコス隊に配備。

その目的はモビルスーツの革新的技術『GUND(ガンド)フォーマット』を採用したオックス・アース・コーポレーションの試作機であり、スペーシアとアーシアンのパワーバランスを覆す力を持つという新型モビルスーツ、『ガンダム』の殲滅にあった。(バンダイ・HGベギルベウ取扱説明書より)

ベギルベウ

ベギルベウ

スポンサーリンク

『ガンダム水星の魔女』プロローグ配信予定

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』プロローグは下記の各社で配信中です。

9月4日 日曜午後6時~ 「PROLOGUE」配信中

●バンダイチャンネル
●ガンダムファンクラブ
●Hulu
●ABEMA
●U-NEXT
●dアニメストア

9月29日 木曜午後6時以降順次 「PROLOGUE」配信開始

●TELASA
●J:COMオンデマンドメガパック
●milplus
●WOWOWオンデマンド
●Prime Video
●ひかりTV
●アニメ放題
●ふらっと動画

ぜひぜひ充実の『プロローグ』をご覧になってください。

スポンサーリンク

『ガンダム水星の魔女』プロローグからキャスト、あらすじ、機体を紹介!まとめ

『ガンダム水星の魔女』プロローグからキャスト、あらすじ、機体、プロローグの配信予定をご紹介しました。

本編『水星の魔女』は10月2日より毎週日曜午後5時〜MBS/TBS系全国28局ネットで放送予定です。

【関連記事】

『ガンダム水星の魔女』プロローグからキャスト・ネタバレあらすじ・機体を紹介!

『機動戦士ガンダム水星の魔女』あらすじ声優とYOASOBIの主題歌『祝福

『機動戦士ガンダム水星の魔女』第1話『魔女と花嫁』ネタバレあらすじ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました