呪術廻戦0主題歌逆夢King Gnu(キングヌー)歌詞を読み解く

呪術廻戦

劇場版『呪術廻戦0』を盛り上げる主題歌はKing Gnuの『逆夢(さかゆめ)』『一途(いちず)』

ここでは主題歌の歌詞とストーリーの関連について考察していきます。

『呪術廻戦』ファンの一人として、この素晴らしい主題歌を聴いているうちに、『呪術廻戦0』を楽しむためには『呪術廻戦』の過去編が深くかかわっていることがわかってきました!

スポンサーリンク

『呪術廻戦0』エンディングテーマKing Gnu(キングヌー)『逆夢』は五条悟と夏油傑の過去編に思いを巡らせて

映画の最後にこの歌声が流れて来た時、女性かなと思ってしまいました。

それほど美しく、繊細な感情に満ちた歌声は、映画を見終わった感動をもう一度呼び覚ましてくれます

正直、最高でした!

あなたが望むなら この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか 何者かに成れたなら
訳もなく 涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす 輝く夢と成る
冒頭の部分の歌詞は、乙骨憂太の感情を歌ったものでしょうか?
若く、まだ自信を持てない青年の美しいバラードなのでしょう。
白い息は頼りなく 冬の寒さに溶けて消えた
あの日の重ねた手と手の 余熱じゃあまりに頼りないの
憂太と里香が手を取り合って遊んだのは6年前。
子どものころ、二人で過ごした思い出はとても貴重な物となってしまいました。
「余熱」という言葉を選ぶセンスにグッときます。
春はいつだって 当たり前のように迎えに来ると そう思っていたあの頃
瞼閉じれば 夢はいつだって 正夢だと信じてたあの頃
無邪気な子供の時代、突然の終わりなんて考えたこともありませんでした。
ここで「正夢」という言葉を入れ、タイトルへの伏線を張っています。
あなたが望むなら 何処迄も飛べるから
意気地の無い僕もいつか 生きる意味を見つけたなら
愛と憎を聢(しかと)繋ぎ合わせて
一生涯醒めない程の荒んだ夢と成る

このくだりは、①呪いと化した里香ちゃんと共に生きる憂太を想起するか?

②愛がいつか憎しみに変わってしまった夏油傑の荒んだ夢と見るか?で解釈が変わります。

①高専に来たばかりの憂太は自殺も考えていたほどでしたが、ここで里香ちゃんの呪いを解く!と決心した後は驚くほど頼もしくなります。
里香を自由にするんだ!という乙骨の決意と解釈できます。

②一方の夏油が呪いを取り込むシーンの描写が『呪術廻戦』9巻に見られます。

皆は知らない呪霊の味。吐瀉物を処理した雑巾を丸飲みしているような

祓う 取り込む 誰のために?

夏油傑 『呪術廻戦』9巻

このくだりを読み返してから「愛と憎しみをしかと繋ぎ合わせて、荒んだ夢を見ている夏油」を思うと、夏油傑の『呪術廻戦0』のもう一人の主人公としての立ち位置が見えてきます。

凍える夜空を二人で抜け出すの あたたかいコートをそっと掛けたなら
あなたはいつだって 当たり前の様に隣にいると そう思ってたあの頃
失くせやしない 記憶の雨が古傷へと沁み渡ろうとも
「記憶の雨が古傷へと沁み渡る」のは、夏油と五条の関係でしょう。
「あなたはいつだって当たり前の様に隣にいると」同級生の二人はお互いに考えていたでしょう。
あなたが望むなら この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか 何者かに成れたなら
訳もなく 涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす 輝く夢と成る
記憶の海を渡って 愛の欠片を拾って
あなたの中にずっと 眩しい世界をそっと
この愛がたとえ呪いのように じんわりじんわりと この身体蝕んだとしても
心の奥底から あなたが溢れ出して 求め合って重なり合う その先で僕ら夢と成れ
美しすぎるこの歌詞のカタマリには、あえて解説はいらないですね。
聴く人の心と記憶の奥に忍び込もうとする、ポエムです。
あなたが望むなら この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか 何者かに成れたなら
訳もなく 涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす 輝く夢と成る
正夢でも、逆夢だとしても
スポンサーリンク

『呪術廻戦0』オープニングテーマKing Gnu(キングヌー)『一途』は憂太と里香の歌?夏油傑と五条悟の歌?

『呪術廻戦』ファンの心をつかむものの一つは、MAPPAさんのアニメーションの滑らかな動きやスピード感、独特の色彩ではないでしょうか?

今回劇場版『呪術廻戦0』で主題歌を演奏するのはKing Gnuさんです!

その楽曲を聴けば、『呪術廻戦』の世界観にピタリとハマることがわかります。

「大勢の人々が待ち望んでいる名作の映画化ということでプレッシャーたっぷりでしたが、呪術廻戦の世界観にピッタリの、ヒリヒリとパンチのある何処迄も真っ直ぐな楽曲に仕上がったと思います。里香ちゃんと乙骨憂太君の関係は羨ましいほどに、そして呪わしいほどに一途ですね」

King Gnu 常田大希

まずオープニングテーマ『一途』の歌詞を紹介します。

最初に歌いだしの歌詞。

最後にもう一度強く抱きしめて
その後はもう何も要らないよ
僕の未来も 過去も何もかも
あなたで満ちれば後悔はないよ
これ、まんま憂太のセリフですね。
しょっぱなからクライマックスのセリフを使っちゃいましたよ?
生きてる証刻む 悴(かじか)む心震わして
天秤なんて必要ないの矛盾に脳を惑わして
正義と悪など揺らいでしまう程
生き急いでたエンドロールは
きっと神様の身勝手な悪戯
汚れ役だろうと厭わないよね
あらら、ここは夏油傑の物語
呪術師が猿どもに仕えることを拒み、非術師を皆殺ししようと考えるに至った夏油。
その思考は、生き急いだため、正義と悪が揺らいでしまったと言えるでしょう。
「心震わして」「脳を惑わして」と韻を踏むために並べた言葉と分かっていても、
脳を入れ替えられた汚れ役となり果てる運命を暗示しているかのようです。
矛盾だらけお互い様ね
不幸話の背比べ
首の皮一枚瀬戸際に
足掻いてちゃ白々しいね
五条悟が夏油傑を「たった一人の親友」と呼んだように、過去、高専の同級生だった二人
「”弱者生存”それがあるべき社会の姿さ。弱きを助け強きを挫く。いいかい、悟。呪術は秘術師を守るためにある」
これは、夏油が五条に言い聞かせている言葉なんです。
自分のことを「俺」と呼んでいた五条悟に、「僕」にしな、とアドバイスしたのも夏油傑でした。
五条悟は、夏油に対して友情も、尊敬の念も抱いていたでしょう。
しかし夏油傑はいつしか、自分の言葉に違和感を抱いていくのです。
そして九十九由基との出会いが夏油に影響を与えていきます。
そして今、過去の言葉とは矛盾だらけのお互いになり、まさに首の皮一枚の瀬戸際に対峙するのです。
ひとひらの想いよ 届け届けと血を巡らせて
一途に見つめます 理由なんて必要は無いの
憂太と里香の歌、それとも五条と夏油の歌、どちらにも共通するフレーズです。
そればかりか、わたしたち一人一人の背中を押してくれるフレーズにも聞こえますね。
涙の理由も知らずに 愛が体を喰いちぎった
正しさを振りかざさないで 事実が理由を喰いちぎった
鼓動が止まぬように 喧騒に薪を焚べんだ
帳を張る事すら 無粋な気がしてんだ
「百鬼夜行」を描いたパートになります。
京都、新宿、1000の呪霊を放ち、帳も降ろさず、喧騒をあおります!
さあ来世に期待ね 光れ 閃け 猛スピードで
一途に向かいます 余力を残す気は無いの
乙骨憂太vs夏油傑の全力バトル!
里香の力のすべてをも解き放ち、一途に闘いの中へ…
届け届けと血を巡らせて 一途に愛します
永遠なんて 必要は無いの
最期にもう一度 強く抱きしめて
その後はもう 何も要らないよ
見えない未来も 消せぬ過去さえも
あなたで満ちれば 後悔はないよ
最期にもう一度 力を貸して
その後はもう 何も要らないよ
僕の未来も心も体も あなたにあげるよ
全部 全部
「憂太、大大大大大好きだよぉ~!」と叫び返したくなるほどの名曲です!
この曲を聴くだけで『呪術廻戦0』を想起する、アイコニックな1曲です。
スポンサーリンク

『呪術廻戦0』主題歌はKing Gnu(キングヌー)歌詞を読み解く まとめ

『呪術廻戦0』の主題歌、King Gnu(キングヌー)の『逆夢』『一途』の二曲をご紹介しました。

『呪術廻戦』の世界観にピタリとはまりさらに加速させる素晴らしい楽曲ですね!

『呪術廻戦』ファンの一人として、歌詞とストーリーの関連を探ってみました。

そうすることで、『呪術廻戦0』を楽しむためには『呪術廻戦』の過去編が深くかかわっていることがわかりました!

改めて過去編を読みたい方は、『呪術廻戦』8巻9巻を読んでみてくださいね!

【関連記事】

『呪術廻戦』五条悟の髪型はどうなってるの?アイマスクで髪が立つ?

【ネタバレ注意】映画『呪術廻戦0』五条悟の最後の言葉は?
『呪術廻戦』18巻あらすじ【ネタバレあり】+全話あらすじリンク集
『呪術廻戦0』五条悟の包帯グラサンの使い分けは?オマージュの数々も
『呪術廻戦0』映画の声優はあえて乙骨憂太に碇シンジで大正解な理由
『呪術廻戦0』映画と原作、アニメシリーズとの違いは?ネタバレあり
『呪術廻戦0』花澤香菜が演じる「愛ほど歪んだ呪いはないよ」が凄い
『呪術廻戦0』あらすじと登場人物・声優一覧

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました