紅白歌合戦2022 Vaundy(バウンディ)忌野清志郎を彷彿とさせる歌声

2022紅白歌合戦

2022年の紅白歌合戦に初出場するVaundy(バウンディ)さん。

Vaundyさんが披露する曲は何?Vaundyさんってどんな人?デビューはいつ?代表曲は?と言った疑問にお答えします。

スポンサーリンク

Vaundyさんが歌う曲は『怪獣の花唄』

【予想】

アニメ『チェンソーマン』の第1話で使われた『CHAINSAW BLOOD(チェンソーブラッド』でしょう!

この曲メチャクチャカッコいいんですよね!

アニメともマッチしてセンスの良さを感じさせてくれます。

1話限定というのが惜しいくらいです。

【公式発表】

2022年紅白歌合戦でVaundyさんが歌うのは『怪獣の花唄』(2020年)です。

『怪獣の花唄』は1stアルバム『strobo』から。
マルハニチロのテレビCMにも使用され、広く知られるようになりました。

キャッチーでリズミカルなメロディがクセになるこの曲、一回聞いたら脳内再生が止まらないからか?YouTubeの再生回数も縛爆上げ中です。

声質は全然違うのに、忌野清志郎さんを彷彿とさせるパッションを感じます。

スポンサーリンク

Vaundyさんってどんな人?

Vaundyさんは美術系の大学に通う現役大学生!

2000年6月6日生まれの22歳。
作詞・作曲・編曲のみならず、クリエイターと協働してアートワーク制作、映像プロデュースも手掛けるマルチアーティストなんです。

中学生の頃から作曲活動を始め、高校時代にはニコニコ動画にてVOCALOID曲の「歌い手」としての活動も行っていました。

また、麻布十番にある音楽塾ヴォイスに通い、本格的に音楽の勉強を始めたのもこのころです。

音楽活動だけでなく、美大に進学したということは美術の勉強もしていたんだろうね。才能に恵まれているね!

スポンサーリンク

『Vaundy』さんの名前の由来は?

Vaundyさんは本名を公開していませんが、中学校の頃のあだ名が「バウンドボール」→「バウンディ」だったということです。

bound=跳ね返るボールのイメージですが、これをVaundyと英語っぽい感じの造語にしたようです。

跳ねて、高く飛びあがり、Vaundyさんの個性を世界に発信して欲しいですね!

スポンサーリンク

Vaundyさんのデビューはいつ?

2019年11月29日『東京フラッシュ』をリリースして以来精力的に新作を発表しています。

スポンサーリンク

『Vaundy』さんの代表曲は?

2019年の『東京フラッシュ』がファーストシングルですが、本人が「ラジオでオンエアされる曲を作ろうと思った」と語るだけある完成度の高い曲です。

この時19歳。すごいです。

「不可幸力」はわずか2か月後にリリースされたセカンドシングル。

美術系の大学生、マルチアーティストのVaundyさんの映像も楽しみたいですね!

【関連記事】
IVE(アイヴ)
Saucy Dog(サウシードッグ)
Aimer
Vaundy
緑黄色社会
BE:FIRST
LE SSERAFIM(ル セラフィム)
JO1
ウタ
milet(ミレイ)
King Gnu(キングヌー)
Official髭男dism
藤井風

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました