映画『万引き家族』あらすじ(ネタばれナシ)・解説・みどころ・感想

映画

2018年6月8日に公開された映画『万引き家族』。
この記事では、映画『万引き家族』のあらすじ(ネタばれナシ)・解説・みどころ・感想をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『万引き家族』の予告編

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋。

そこで社会という海の、底を這うように暮らしている家族ですが、なぜかいつも笑いが絶えず、口は悪いが仲よく暮らしていたのです。

小さなことからそれなりに平和だった家族の暮らしは一変してしまいます。

スポンサーリンク

映画『万引き家族』のあらすじ(ネタバレなし)

柴田家では祖母・初枝の年金をあてにして息子・治と妻の信代、信代の妹の亜紀、孫の祥太4人が転がり込んで来て暮らしています。

日雇い労働者の治は祥太に万引きを教え、日々の暮らしを賄っています。

寒い冬の夜、治と祥太はDVにあっている5歳の少女、ゆりを保護して、いつしか家族として迎え入れます。

善意で行ったことが仇となり、崩壊していく一家が隠していた闇とは…

スポンサーリンク

映画『万引き家族』の解説

2019年に行われた第42回日本アカデミー賞で13部門、第92回 キネマ旬報ベスト・テンで4部門、第28回 東京スポーツ映画大賞で4部門他、国内では20の賞で多くの受賞をしています。

さらに海外ではカンヌ国際映画祭 でパルム・ドールを獲得したのを筆頭に、34の賞で多数の受賞、ノミネートを受けています。

しかし、これらに対して時の首相安倍晋三氏が祝辞を述べていないことに対して、海外からも多く不審の声が寄せられていますが、是枝監督からは祝意を辞退したいコメントを発表しています。

スポンサーリンク

映画『万引き家族』のみどころ

息子に万引きを仕込む何とも情けない父親をリリー・フランキーが好演します。

「俺達フツウじゃないからな」と言いながらも、お互いを思いやり、愛情をもって家族のきずなで結ばれている家族なのです。

この独特な魅力にあふれた家族一人一人の演技は誰をとっても見どころといえます。

また、この『家族』が崩壊していくときに明らかになる事実にもう一度驚かされます。

スポンサーリンク

映画『万引き家族』の感想

犯罪で生計を立てているとんでもない家族なのに、おばあちゃんをめぐる家族の触れ合いは温かく、親密で、優しいものです。

家族がお互いを思いやる場面に溢れていて、血のつながりのないものも家族として受け入れていきます。

絆とは何だろう。

お互いを思い合ってつないだ絆は、時として血縁よりも強いかもしれないと思いました。

スポンサーリンク

映画『万引き家族』の登場人物・キャスト

柴田治:リリー・フランキー
柴田信代:安藤サクラ
柴田亜紀:松岡茉優
柴田祥太:城桧吏
ゆり(りん、北条じゅり):佐々木みゆ
柴田初枝:樹木希林
4番さん:池松壮亮
柴田譲:緒形直人
柴田葉子:森口瑤子
柴田さやか:蒔田彩珠
北条保:山田裕貴
北条希:片山萌美
JK見学店 店長:黒田大輔
根岸三都江:松岡依都美
クリーニング店 店主:清水一彰
山戸頼次:柄本明
米山:井上肇
日雇い派遣の管理者:毎熊克哉
前園巧:高良健吾
宮部希衣:池脇千鶴
ニュースキャスター:笠井信輔、三上真奈

スポンサーリンク

映画『万引き家族』のスタッフ

監督・脚本・編集:是枝裕和
製作:石原隆、依田巽、中江康人
プロデューサー:松崎薫、代情明彦、田口聖
アソシエイトプロデューサー:大澤恵、小竹里美
撮影:近藤龍人
照明:藤井勇
録音: 冨田和彦
美術:三ツ松けいこ
装飾: 松葉明子
衣装:黒澤和子
ヘアメイク :酒井夢月
音響効果:岡瀬晶彦
音楽:細野晴臣
助監督: 森本晶一
キャスティング:田端利江
制作担当:後藤一郎

スポンサーリンク

映画『万引き家族』視聴方法

【DVD】楽天市場

Amazon Prime ならPrime会員は無料視聴できます。

『万引き家族』

Amazonプライム(30日間の無料体験)はこちら!

【関連記事】

『万引き家族』ロケ地あの海岸はどこ?柴田家の場所も

『万引き家族』と『パラサイト半地下の家族』を比較考察してみる

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました