フレディとラミ・マレックの身長・体重比較!いったいどこが違う?

映画

映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレック。

体格が一回り華奢で、どことなく何かが違う印象でしたが、実際のところどうなのでしょう?

フレディ・マーキュリーとラミ・マレック、2人の体格を比べてみました。

スポンサーリンク

フレディ・マーキュリーの身長・体重

名前:Freddie Mercury(フレディ・マーキュリー)
本名:Farrokh Bulsara(ファルーク・バルサラ)

身長:177cm

体重:59kg~その後マッチョになっていくにつれ、増量したと思われます。

生年月日:1946年9月5日(ライブエイド出演は39歳)

出身地:インド(ザンジバルにて生誕)

両親はパールシー(インドに住むゾロアスター教徒。パールシーはペルシャ人の意味)

スポンサーリンク

ラミ・マレックの身長・体重

名前:Rami Said Malek(ラミ・セッド・マレック)

身長:175cm

体重:データなし

生年月日:1981年5月12日 (2017年7月撮影時36歳)

出身地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス

両親はエジプト人

身長は2cmしか変わらず。

それにしては、違和感がありますね…

スポンサーリンク

フレディ・マーキュリーはめっちゃ足長!!

 

フレディのスタイルの特徴は足が長いこと!

若いころ、ロングヘア時代ですね。映画の髪型、忠実に再現されています。
かなり細身で足が長いです!

短髪ヒゲ時代。がっちり筋肉質で、無駄な肉はありません。

スポンサーリンク

フレディ・マーキュリーはがっちり体形で顔が小さく見える

おお、かっこいい!ガチムキ体形で顔のバランスが小さく見えます。

出っ歯と言われても、格好いいんです。

内面から溢れ出すカリスマ、尽きることのないエネルギー、音楽ですべてを表現する自信がフレディを輝かせています。

身長がほぼ同じでも、顔が大きいのか、体が華奢だから大きく見えてしまうのか。

完コピの熱演は見事でした。

『ボヘミアン・ラプソディ』人物の相関関係は?映画と実際の違いは?
映画『ボヘミアン・ラプソディ』登場人物の相関関係に着目しながらあらすじをたどります。 映画と実際の異なる点については、事実をもとに記述しています。
スポンサーリンク

動画で比べるフレディとラミ・マレック

この動画を見ると、いかに細部まで完全再現されているかがわかります。

part1からpart3まで作成されていますので映画の細部まで比較ができます。

BOHEMIAN RHAPSODY MOVIE 2018 [ LIVE AID COMPLETE SONGS ] Side by Side with the QUEEN LIVE AID 1985

動画を見比べると、フレディのマイク使いの正確さがわかります。
大きなアクションをしても必ず口元にぴったりとマイクが向けられています。

ラミ・マレックは口パクですので、やはり手元がブレブレです。
音を拾っていないのでやむを得ないことでしょう。

スポンサーリンク

フレディとラミ・マレックの身長・体重比較!いったいどこが違う?まとめ

フレディ・マーキュリーとラミ・マレックの公表されている身長には2cmしか差がありません。

ゲイの美学に目覚め、マッチョになっていったフレディは、もともと足が長く胴が短いうえ、さらに上半身をムキムキに鍛え上げました。

そのため、顔が小さく見えるようになっていったのでしょう。

身体を鍛えると、全身バランスまで変わって見えるとは。

映画を見て、また往年の映像を見直す。これもまた実に楽しいものですね!!

 

 

 

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました