『グーニーズ』の ”スロース” 俳優は誰?名前の意味は?

『グーニーズ』は1985年、スティーブン・スピルバーグ制作の映画。

4人の少年たち『グーニーズ』と、メンバーのお兄ちゃんやそのガールフレンドたちが、伝説の海賊の財宝を探す大冒険の物語です。

敵役の一員として登場するも、最後にはみんなが大好きになってしまう “スロース”

スロースを演じた俳優さん、そして、そもそも“スロース”の意味について調べてみました。

スポンサーリンク

『グーニーズ』で ”スロース” を演じた俳優さんは誰?

“スロース”を演じたのは元アメフト選手の 俳優、ジョン・マトゥザックJohn Daniel Matuszak)さんです。

なるほど、体格がいいと思ったら、アメフト選手だったんですね!

撮影前の特殊メイクには、5時間かかったそうです!!

ジョン・マトゥザックさんは1950年生まれ。
ミズーリ大学在学中からアメリカンフットボール選手として頭角をあらわし、プロデビュー。
のちにプロフットボール殿堂入りを果たします。

1979年の俳優デビュー以来コンスタントに映画出演を重ねていましたが、1989年、38歳の若さで薬物過剰摂取のため亡くなっています。

スポンサーリンク

『グーニーズ』の “スロース” ってどういう意味?

スロースは英語で ”sloth” 。

動きののろい、怠け者の動物”とでもいうような、ちょっとヒドいあだ名です。

スポンサーリンク

『グーニーズ』の “チャンク” ってどういう意味?

ついでに言うなら、スロースと仲良くなる “チャンク” (俳優:ジェフ・コーエンちょっと太めの少年のあだ名ですが、英語でchunk= ”肉の塊” という意味です。

食欲旺盛で、オオカミ少年のような虚言癖があるので、親しみを込めて呼ばれていたのかもしれません。

スポンサーリンク

そもそも『グーニーズ』 ってどういう意味?

彼らの住む町の名「グーンドックス(Goon Docks=ならず者の波止場)」に、「まぬけな、野暮ったい連中(goonie)」という意味をかけたもの。

4人の子どもたちにはイカすネーミングだったのでしょう!

80年代には笑って済ませられたあだ名の数々ですが、2020年代の今となっては、ハラスメントととられてしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク

『グーニーズ』の “スロース” 登場場面

“スロース” はフラッテリー家の三男ロトニー・フラッテリーのあだ名。

幼い時母親に虐待されて、顔の半分が崩れています。

スロースは地下室で鎖につながれてテレビを見ています。
そこへ監禁されることになったチャンクが、おやつのチョコレートバーを落としてしまいます。

するとお腹を空かせたスロースは、なんと怪力で鎖を引きちぎってしまいます!

チャンクとスロースは1本のチョコレートバーを恐る恐る分け合って食べるうちに、すっかり仲良しになってしまうのです。

食いしん坊同志、あっという間に仲良くなるのは微笑ましいシーンです。

その後、チャンクの仲間であるマイキーたちがフラッテリーママ、兄たちに追われているのを知ると、チャンク達の味方になって戦い、脱出できるように巨大な岩を押さえていてくれるのでした。

海賊船でスーパーマンのTシャツを着ているのを見せるところもキュートでした!

スポンサーリンク

『グーニーズ』の ”スロース” 俳優は誰?名前の意味は?まとめ

『グーニーズ』で ”スロース”を演じたのは元アメフト選手の俳優ジョン・マトゥザックさんでした。

スロースは英語で ”sloth” 、動きののろい、怠け者の動物というヒドい意味のあだ名です。

スロースと仲良くなるチャンクは ”chunk ” 、肉の塊ですし、そもそもグーニーズ ”goonies”

も間抜けな連中という意味。

彼らの仲間内ではクールな呼び名であったのかもしれません?

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました