『コーダ あいのうた』にでてくる曲はこれ!まとめてご紹介

映画

『コーダ あいのうた』で使用された印象的な曲たちをまとめてご紹介します。

この時代の空気にどっぷり浸れる素敵な選曲です!

スポンサーリンク

ジョニ・ミッチェル『Both Sides Now(青春の光と影)』1968年

ルビーが音楽顧問の先生に気持ちを込めた発声を教わる曲。

バークリーの入学試験で歌うシーンは感動!

 

スポンサーリンク

マーヴィン・ゲイ&タミー・テレル『You’re All I Need To Get By』1968年

ルビーがマイルズとデュエットで歌う課題曲。
最初おずおずと歌っていたのが、堂々と魂の入った歌になっていくのは見ものです!

スポンサーリンク

デヴィッド・ボウイ『Starman(スターマン)』1972年

アルバム『ジギー・スターダスト』の中の1曲。

スターマンは空の上で待ってるんだ
子どもたちを新しい音楽で踊らせるのさ!

とデヴィッド・ボウイは歌っていますが、『コーダ あいのうた』では、ルビーは自分の中の音楽に目覚め、表現者になっていきます。

子どもたちを新しい音楽で踊らせる、スターマン?スターガール?が誕生します!

スポンサーリンク

ザ・クラッシュ『I Fought the Law』1979年

ルビーの父と兄は漁師です。
法律は時として労働者階級が戦いを挑み、敗れるものでもあります。

港町グロスターに漂う空気には、クラッシュの名曲が良く似合うんです!

スポンサーリンク

エッタ・ジェイムス『Something’s Got A Hold On Me』1962年

合唱部の練習風景はホントに楽しそう!

この映画で合唱やってみたい!っていう高校生が増えるかも??

ピタT先生の熱血指導が最高です!!

スポンサーリンク

マーヴィン・ゲイ『Let’s Get It On』1973年

スポンサーリンク

アイズレー・ブラザーズ『It’s Your Thing』1969年

町に漂うのはこの時代の雰囲気。

スポンサーリンク

『コーダ あいのうた』にでてくる曲はこれ!まとめてご紹介

『コーダ あいのうた』に出てくる曲たちをご紹介しました。

こうして並べてみると1960~70年代の曲なんですねー。

でも登場人物はスマホ持ってますよね?いったいいつの時代の話という設定なのか?

いつの時代も変わらない、が答えなのかもしれませんね。

【関連記事】

『コーダ あいのうた』あらすじキャスト感想【ネタバレあり】

『コーダあいのうた』主題歌『青春の光と影』を主人公目線で訳してみた

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました