『ハウス・オブ・グッチ』キャスト一覧!ここが凄い!名場面を紹介

ハウス・オブ・グッチ 映画

映画『ハウス・オブ・グッチ』で特に存在感を放つキャストを一覧でご紹介します!

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』キャスト一覧

役名 画像 俳優 見どころ
パトリツィア・レッジャーニ レディー・ガガ 父の運送会社で働いていたパトリツィアがマウリツィオをおとすまでが圧巻!
マウリツィオ・グッチ アダム・ドライヴァー 上品なおぼっちゃまっぽさが素敵!愛が消えた後の冷たさが名演技。
アルド・グッチ アル・パチーノ ファミリー・ビジネスであるグッチの経営権を手放す苦悩が痛ましい。
ロドルフォ・グッチ ジェレミー・アイアンズ 妻が先に亡くなり、その時に半分もっていかれてたんでしょう。
パオロ・グッチ ジャレッド・レト 狂気の表れはスカーフへの放●にも?
ピーナ・アウリエンマ サルマ・ハエック 怪しい占い師。本当にいそうで怖い。
パオラ・フランキ カミーユ・コッタン クラス感漂ういい女。出逢った順序が悪かった。
スポンサーリンク

『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガ

1986年3月28日生まれ、本名はステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ(英: Stefani Joanne Angelina Germanotta)。

2018年映画『アリー・スター誕生』が初主演。そしてアカデミー主演女優賞ノミネート!
ハウス・オブ・グッチは3年ぶりの映画出演です。

レディー・ガガの歌も聞けるのかな?と思っていましたが、女優に徹したのですね。
ド迫力のイタリア女を演じきってくれました。

素晴らしいスタイルで着こなしていたドレスの数々はどれも素敵でしたが、この白のレースのセットアップが特に素敵でした。

あと気になったのが、ピンヒールにも程があるでしょ!と突っ込みたくなるほどのハイヒール。
ヒールがあまりにも細くて高くて、まるで12センチの割りばしがくっついてるみたいに見えてハラハラしました。

履きこなすレディー・ガガも凄いがパンプスも高性能、どこのだろう。

スポンサーリンク

『ハウス・オブ・グッチ』アダム・ドライヴァー

1983年11月19日生まれ。アダム・ドライヴァーと言えば『スター・ウォーズ』のカイロ・レン役で有名なのですが、2018年には『ブラック・クランズマン』、20019年には『マリッジ・ストーリー』でアカデミー賞にノミネートされています。

タートルネックのアランセーターがお似合い!

上の写真でも長すぎる脚を持て余しているようですが、スーツが似合いすぎて、スーツを着て生まれてきたんじゃないかと思う程です。

悪女にたぶらかされる場面と、恋の魔法が解けて冷たい態度をとる場面との切り替えが見どころの一つでしょう。

流されて生きていく男の末路が悲しすぎました。

スポンサーリンク

『ハウス・オブ・グッチ』アル・パチーノ

1940年4月25日生まれ!
言わずと知れた『ゴッドファーザー』シリーズをはじめ、『狼たちの午後』『スカーフェイス』など数々の受賞歴に彩られた名優です。
『ハウズ・オブ・グッチ』では、精力的なビジネスマンを演じています!
ニューヨークの店舗で「コニチハ~」と日本人観光客を接客する場面では笑いを取り、株式を手放す署名のシーンでは激情を爆発させて魅せてくれます。

画面の中に居るだけで存在感があり、また、一家の歴史を語るシーンでは古き良き時代を現代につなぐ風格を漂わせています!

スポンサーリンク

『ハウス・オブ・グッチ』ジャレッド・レト

1971年12月26日生まれ。『ジャスティス・リーグ』『スーサイド・スクワッド』のジョーカー役でおなじみ。『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞を受賞しています。

撮影の期間は毎日6時間を特殊メイクに費やしたそうです!その時間はすべて役作りに費やしたとのことですが、あの狂気の演技は毎日熟成されて出来上がったものと納得。

自分の渾身のデザインを頭ごなしに否定され、部屋に一人になると、飾ってあったスカーフを床に投げ捨てます!

父のデザインした上品な花柄のスカーフに、その場で放●するシーンは怒もめたばっかりにりが溢れています。

欲を出した人間たちが家族内でもめたせいで、晩年は貧困に苦しんでひっそりと亡くなったとは悲しすぎる結末です。

スポンサーリンク

『ハウス・オブ・グッチ』サルマ・ハエック

1966年9月2日生まれ、メキシコ系のサルマ・ハエック。

『デスペラード』『フロム・ダスク・ティル・ドーン』あたりが忘れられない輝きを放っていましたね。

今回は怪しい占い女の役です。
しかし、パトリツィアの心を完全に掴んでいたのでしょうから、説得力のある演技が必要になります。

“ピーナ”と呼ばれていた名前が妙に気になってしまったのですが、ジュゼッピーナ・アウリエンマという名前だったようです。いい味出してました。

スポンサーリンク

『ハウス・オブ・グッチ』カミーユ・コッタン

1978年12月1日生まれ。パリ出身。フランスの女優さんですが最近はアメリカでも活躍しているようです。

役について「無口な彼女とパトリツィアは全く違う」「彼女が常に城を着ているのはとても強烈だと思いますが、それは彼女が花嫁になることなく、ずっと内縁の妻であり続けたから」と解説しています(『SCREEN』2月号より)。

スキーウェアが白だったことしか覚えてないですが、言われてみればそうだったかも?

パトリツィアに先に捕まっちゃったマウリツィオの不運に同情しましょう。

スポンサーリンク

『ハウス・オブ・グッチ』キャスト一覧!ここが凄い!名場面を紹介

映画『ハウス・オブ・グッチ』に登場する特に印象的なキャストと見どころの場面をご紹介しました。

中でもパトリツィア・レッジャーニを演じるレディー・ガガとマウリツィオ・グッチを演じるアダム・ドライヴァーの関係性の変化に注目して観てみたいですね。

アル・パチーノ、ジャレッド・レト、サルマ・ハエック、カミーユ・コッタンも要チェックです!

【関連記事】

『ハウス・オブ・グッチ』あらすじと見どころは?盛者必衰の理?

『ハウス・オブ・グッチ』で流れる70~80年代の名曲はこれだ!

『ハウス・オブ・グッチ』主題歌の和訳から解釈するグッチ一族の運命

『ハウス・オブ・グッチ』ブロンディの名曲はグッチ夫妻の愛の行方?

2022年公開映画一覧!見たい映画が目白押し!アカデミー賞候補も

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました