『ハウス・オブ・グッチ』ブロンディの名曲はグッチ夫妻の愛の行方?

ハウス・オブ・グッチ 映画

レディー・ガガ主演の映画『ハウス・オブ・グッチ』の予告で流れるブロンディの『ハート・オブ・グラス』

『ハウス・オブ・グッチ』の主題歌として使用されている理由を、歌詞の中に探してみました。

結論は、パトリツィアとマウリツィオのグッチ夫妻の進んでいった道を描いたかのような歌であることがわかりました。

スポンサーリンク

『ハウス・オブ・グッチ』の主題歌『ハート・オブ・グラス』ってどんな歌?

1979年に全米1位、全英1位、ドイツ、オーストラリアでも1位を獲得し世界的大ヒットになりました。

『ブロンディ(Blondie)』はヴォーカルのデボラ・ハリー(Deborah Harry 1945年7月1日生まれ の金髪をネタにしたバンド名です。

ニューヨークのパンク・バンドだったブロンディのサウンドを音楽プロデューサー、マイク・チャップマンがポップなディスコ・チューンに仕上げ、ブロンディ、そしてデボラ・ハリーは一気にニューウェイブの旗手として世界を席巻していきます。

赤い唇、シャイニーでモードなアイメイク、ワンショルダーのドレス
今見ても全く古臭さを感じません。

このドレスはルイ・ヴィトンのデザイナーとして有名なスティーブン・スプラウスの手によるもの。
ストリートの不良っぽさをアップタウンの洗練で洒落のめすスティーブンのセンスを発揮したこのドレスは、他のアーティストからもデザインのオファーが殺到するほどの評判になりました。

ここにも、庶民の育ちのパトリツィアが世界的ブランド・グッチの一員になるという野望と重なる感覚があります。

スポンサーリンク

『ハート・オブ・グラス』歌詞和訳

『ハート・オブ・グラス』
作詞作曲:デボラ・ハリー、クリス・スタイン

Once I had a love and it was a gas
Soon turned out had a heart of glass
Seemed like the real thing, only to find
Mucho mistrust, love’s gone behind
恋をしてたわ それは最高だった
でもすぐに消えちゃって 私は「ガラスのハート」、傷つきやすくなったの
本物の恋だと思ってたのに
何も信じられなくなって 恋は終わった
Once I had a love and it was divine
Soon found out I was losing my mind
It seemed like the real thing, but I was so blind
Mucho mistrust,love’s gone behind
恋をしてたわ それは素晴らしい
でもすぐ気づいた どうかしてたって
本物の恋だと思ってたのに でも恋は盲目だったのね
不信感でいっぱい 恋は終わってしまった
In between
What I find is pleasing and I’m feeling fine
Love is so confusing there’s no peace of mind
If I fear I’m losing you
it’s just no good
You teasing like you do
恋してるときは 心地よくって いい気分
でも混乱して 落ち着かない気分
あなたを失うのが怖い
こんなふうに私をからかうの良くないよ
Once I had a love and it was a gas
Soon turned out had a heart of glass
Seemed like the real thing, only to find
Mucho mistrust, love’s gone behind
恋をしてたわ それは最高に楽しかった
でもすぐに消えちゃって 恋は「ガラスのハート」、臆病になっちゃった
本物の恋だと思ってたのに
何も信じられなくなって 恋は終わった
Lost inside
Adorable illusion and I cannot hide
I’m the one you’re using, please don’t push me aside
We could’ve made it cruising, yeah
空想にどっぷりふける
愛しい幻想に その気持ちは隠せない
あなたが私を利用してるんだ でも私を傍へ押しやらないで
私たちうまくやっていけたのに
Yeah, riding high
on love’s true bluish light
さあ空高く進もう 愛の青い光に乗って!
Once I had a love and it was a gas
Soon turned out a pain in the ass
Seemed like the real thing, only to find
Mucho mistrust, love’s gone behind
恋をしてたわ それは最高に楽しかった
でも 鬱陶しいものになって すぐに消えちゃった
本物の恋だと思ってたのに
何も信じられなくなって 恋は終わった
【関連記事】

『ハウス・オブ・グッチ』の世界観にマッチする『ハート・オブ・グラス』

【ストーリー詳細はこちら】

『ハウス・オブ・グッチ』主題歌の和訳から解釈するグッチ一族の運命

上記の主題歌がパトリツィア目線の主題歌だとしたら、この『ハート・オブ・グラス』はマウリツィオ目線の主題歌といえるでしょう。

本当の恋だと思っていたのに。
素晴らしい恋だった。
パトリツィアに魅かれて、恋焦がれて、親の反対も押し切って結婚したのに。

君が欲しかったのは僕の家。
君は『グッチ』が欲しかったんだろ。

恋は終わった…

となるところで、人生も終わってしまうのがマウリツィオの救われないところです。

持てる者ならではの悩みでしょう。
自分自身を愛してほしかったのに、彼女が愛していたのは自分のブランドだったとは。
不信感でいっぱいになって安らぎを求めに出ていけば、それもすべて壊されてしまうのです。

映像の中に「STUDIO54」が登場しますが、ここがまさにブロンディも出演した名門ナイトクラブです。

『ハウス・オブ・グッチ』ブロンディの名曲はグッチ夫妻の愛の行方?

ブロンディ1979年のヒット曲『ハート・オブ・グラス』(ガラスのハート)は、映画『ハウス・オブ・グッチ』の世界観とマッチする感覚と歌詞によって主題歌に選ばれているようです。

歌詞の意味をかみしめながら映画予告を見れば、映画館に行くのが待ちきれなくなりそうです。

『ハウス・オブ・グッチ』あらすじと見どころは?盛者必衰の理?

『ハウス・オブ・グッチ』キャスト一覧!ここが凄い!名場面を紹介 

表はシックでさりげないロゴ、裏面の “グッチストライプ” がたまらない!

レディー・ガガになりきる?

グッチの中では昔ながらの「オフィディア』シリーズが好きです。

スタンダードは茶色だけど、この黒のカッコよさ!惚れてまう……

2022年公開映画一覧!見たい映画が目白押し!アカデミー賞候補も

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました