『燃えよ剣』が沖田総司のキャラを決定づけた!?美少年の天才剣士

燃えよ剣

明るく小粋な江戸育ちの美少年。
子どものような真っ直ぐな物言い。

しかしひとたび剣を持てばその速さ、巧みさ、強さは新選組随一。

沖田総司のイメージはこの『燃えよ剣』で司馬遼太郎によって確立されたと言われています。

司馬遼太郎の描く沖田総司の外見、性格、行動から、沖田総司の魅力に迫ります!

スポンサーリンク

『燃えよ剣』に描かれる沖田総司の外見

すでに手甲、脚絆で四肢をかため、腰に馬乗り提灯を差し、袴ははかず、尻をからげている。
それが、この二十の若者にはひどく小意気に見えた。

『燃えよ剣』上巻より

近藤の道場の収入源は、多摩方面への出稽古です。

もともと多摩の農民の出身である近藤勇、土方歳三は”土臭い”野生味に溢れていますが、沖田総司は江戸育ち。
軽装の旅姿でも垢抜けています。

土方歳三がとある剣士を斬ってしまったため、仲間の七里研之助は仇討ちを企んでいるのです。

(七里研之助)「だまってついてきてもらおう」
(沖田総司)「どこへです」

沖田は育ちがいいから、言葉がいい。ちょっと色小姓にしたいような美貌である

『燃えよ剣』上巻より

この短い一文が、現在の沖田総司像のもとになっています。

スポンサーリンク

『燃えよ剣』に描かれる沖田総司の口ぶり、しぐさ

沖田総司の特徴として、子どもっぽさをのこしたしゃべりかたや、いつも陽気でにこにこ笑っている様子が描かれます。

(土方歳三)「総司、これで斬れると思うか」
(沖田総司)「さあ、どうかなあ。私は土方さんのように人を斬ったことはありませんのでね」

可愛い唇許(くちもと)で、からかうように笑った

『燃えよ剣』上巻より

ガンダムくん
ガンダムくん

読者も沖田総司には好感を持っちゃうよな!

スポンサーリンク

『燃えよ剣』に描かれる沖田総司の行動

このあと分倍河原で七里研之助らの一行と立ち会うことになる、土方と沖田です。

初めて真剣で斬り合う経験をする沖田総司は

「なんだか変だよ。お尻の菊座のあたりがむずむずしてきちゃった。」

と訴え、桑畑で用を足します。
土方もつられて桑畑へ。

しかし、いざ敵と向き合えば
「沖田総司、参る」と水際立った腕を見せます!

ガンダムくん
ガンダムくん

「アムロ、行きまーす!」か?

シャア専用ズゴック
シャア専用ズゴック

違うだろ

初めての実戦でも、土方と背中合わせになってかばい合い、見事脱出します。

そして、返り血を浴びた土方の「開いた口がふさがらなくなった」ことに、沖田は全く返り血をあびていないのです。

(こいつ、鬼の申し子か)

戦場での血の騒ぎを収めるために、馴染みの女を訪ねる土方歳三とは逆に、沖田総司は童歌を歌いながら、多摩川べりを江戸・試衛館へと歩いて戻るのです。

ザクちゃん
ザクちゃん

初めての戦場でも水際立ったはたらき、とはまさに天才剣士だな!

京都で新選組を結成すると、一番隊組長として剣をふるいます。

これまで「沖田は利口で」「よく舌の回るやつ」と書かれてきましたが、

豪胆な男だ。

と形容されています。

しかし京で活動を始めてまもなく、咳に悩まされる様子が描かれます。

スポンサーリンク

『燃えよ剣』で愛される存在としての沖田総司

土方歳三の私室を訪ねた沖田総司は、歳三が俳句を書き付けた句帳を取り上げ、からかいます。

「鬼の副長」とよばれる歳三が、赤くなったり青くなったり。

こんなことができるのは、総司だけでしょう。

また、池田屋の変の前、こんな会話が交わされています。

(沖田総司)「しかし、いやだなあ。見張りなんてのは。私の性に合いませんよ」
(土方歳三)「まあ、我慢しろ。あす、交代させる」
(沖田総司)「必ず?」
菓子を一つ、口に入れた。
のんきな顔だ。

『燃えよ剣』上巻より

新選組の中に、こんなのんきな顔があるとは信じられませんね。
沖田総司ならではでしょう。

スポンサーリンク

『燃えよ剣』に描かれる上司をなだめる沖田総司

蛤御門の変では、新選組は手柄を上げることができませんでした。

近藤勇は「武運がなかった」と言いますが、土方歳三は「京に戻る」と主張します。

「土方さん」
沖田総司が向いの家からにこにこ笑いながら出てきた。手に黒塗りの桶を抱えている。

「鮒寿司ですよ。土方さんの好物のはずだ」
(土方)「みんなにわけてやれ」

「たれも食いつきゃしませんよ。新選組副長以外は」

沖田は、寿司にかこつけて何かをいっているつもりらしい。

『燃えよ剣』上巻より

スポンサーリンク

『燃えよ剣』病に倒れ透明感を増していく沖田総司

結核が悪化し、医者の薬の他に土方歳三の生家の煎じ薬「虚労散」も飲んでいます。

日本全体の政治の情勢は大きな変化を迎え、近藤勇の思想はぐらつき始めます。

そんな中、

(土方歳三)「総司、お前はいいやつだねえ。おれも、来世もし、うまれかわるとすれば、こんなあくのつよい性分ではなく、お前のような人間になって出てきたいよ」

(沖田総司)「さあ、どっちが幸福かわかりませんよ。
もってうまれた自分の性分で精一ぱいに生きるほか、人間、しかたがないのではないでしょうか」

『燃えよ剣』下巻より

総司はだんだんと寝込むことが増えてきました。

しかし穏やかな物腰も、にこにこと明るい笑いも、変わることはありません。

それだけに、総司を愛する仲間たちには、まるで自分の命を達観しているようにも見えたのでしょう。

大阪から江戸へ向かう船の上で、監察・山崎蒸の葬儀が海軍式で行われます。

この場に羽織、袴で身なりを整え、刀を杖にして、沖田総司も参列しました。

歳三は、この若者の笑顔が、透きとおるような美しさになってきているのを、おそろしいものでも見るようにして見た。

『燃えよ剣』下巻より

スポンサーリンク

『燃えよ剣』菊一文字を抱いて…沖田総司の最期

江戸では、千駄ヶ谷の植木屋の納屋を病室に整えて養生していました。

姉の夫、沖田林太郎は庄内藩の江戸藩邸に住んでいましたが、藩主が江戸屋敷を引き払い帰国したため、残務整理のあと庄内へ行かねばなりません。

姉のお光もです。

姉と昔話をして別れた後は、身の回りの世話をする老婆がいるだけです。

縁側に這い出て、菊一文字を抱いてたったひとりで亡くなっていました。
「いつも庭に来る黒い猫を斬ろうとしていた」と言われています。

女性には縁が薄く、京では町医者の娘に淡い恋心抱いたことがありましたが、実らずに終わってしまいました。

沖田総司 享年24、25、27の三説あり。

スポンサーリンク

映画『燃えよ剣』で沖田総司を演じるのは山田涼介!

「吐く息も沖田総司」って・・・これはもう、スクリーンで見るしかないですね!

山田涼介さんは減量も大変だったようです!

『燃えよ剣』が沖田総司のキャラを決定づけた!?美少年の天才剣士

沖田総司=美少年のキャラを決定づけたこの『燃えよ剣』。

原作小説からの引用を読むと、この伝説の剣士沖田総司のキャラクターがいかに丁寧に創られてきたかわかりますね。

誰でも好きになってしまう総司を演じるのが、これまた山田涼介さん!

写真を見るだけで「イメージぴったり!」と思っちゃいます。

映画『燃えよ剣』の公開が楽しみです!

『燃えよ剣』キャストと実物画像比較!新選組編成表で丸わかり!はこちら

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました