『私の解放日誌』1話あらすじと感想

トレンド

人気ドラマ『私の解放日誌』は16話見終わったらもう一回見たくなる深みのあるドラマです。

私たちの正直な気持ちをそのまま言葉にしてくれたような素朴なセリフや、真似してみたくなるちょっとイイ習慣など、素敵なヒントに溢れています。

『私の解放日記』第1話のあらすじと感想をお届けします。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』1話のあらすじ

解放されたいミジョンチャンヒギジョン3兄弟の物語。

キム・ジウォン演じるミジョンは会社で同好会への入会を強要され、同僚との食事中は上司への愚痴を聞き、終電を理由に飲み会から抜け出すという毎日。

イ・ミンギ演じるチャンヒは彼女にダサすぎると言われ、周りには結婚はまだか、といつも同じ質問をされます。

イエル演じるギジョンは出会いを求めていますが、居酒屋でシングルファーザーの悪口を言っているところを、こちらもシングルファーザーらしき父娘に聞かれてしまい気まずい雰囲気に。
さえない生活から抜け出すために髪型を変えますが、美容院でパーマを失敗されてしまいます。

ソウル郊外のサンポ市からソウルに通勤する3人の兄妹は、時には待ち合わせてタクシーで帰宅することも。

ミジョンは元彼のために作った借金の返済が親にバレないよう、ク氏の家で郵便物を受け取って欲しいと頼みます。

三人をめぐる悲しい様な笑えるような日々の出来事が、丁寧に描かれていきます。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』1話のキャスト紹介/ミジョン(キム・ジウォン)

キム・ジウォン
1992年10月19日生まれ現在29歳の韓国女優。
中学3年でスカウトされ芸能界に入り、数々のドラマやCMに出演、大人気女優となりました。
過去の作品はイ・ミンホ、パク・シネらが出演した『相続者たち』、ソン・ヘギョ、ソン・ジュンギらが出演した『太陽の末裔』、パク・ソジュンらが出演した『サム、マイウェイ』、古代都市を舞台に描かれた『アスダル年代記』、チ・チャンウク、キム・ミンソクらが出演した『都会の男女の恋愛法』などがあります。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』1話のキャスト紹介/チャンヒ(イ・ミンギ)

イ・ミンギ
1985年1月16日生まれ現在37歳の韓国俳優です。
身長183センチとモデル体型でラブロマンスが似合う俳優の一人です。
慶尚南道出身でたまに方言が出るので可愛い部分もあります。
これまでの出演作品はチョン・ソミンと契約恋愛をする『この恋は初めてだから』、人物の顔が分からない相貌失認の役を演じた『僕が見つけたシンデレラ』、刑事役を務めた『みんなの嘘』、人気女優と同居生活を送ることになった『Oh!ご主人様』などに出演しています。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』1話のキャスト紹介/ギジョン(イエル)

イエル
1982年8月26日生まれ、現在40歳のイエル(EL)は『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』に出演して知名度を上げた韓国女優です。
トッケビでは赤い服を着た女性役でとても印象的でしたね。
パク・シネ主演のホラー映画『ザ・コール』、コン・ヒョジン、ディオ、イ・ソンギョンら豪華キャストが多く出演している『大丈夫、愛だ』、ソ・イングク、パク・ボゴムらが出演している刑事ドラマ『君を憶えてる』、三角関係ならぬ四角関係を描いた『最高の離婚』など多数のドラマや映画に出演しています。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』1話のキャスト紹介/ク氏(ソン・ソック)

ソン・ソックは「ファンの心を揺るがした有罪人間BEST8」で大人気俳優パク・ボゴムを抑えて1位を獲得するなど韓国で人気急上昇中の俳優です。

過去の作品はイ・ボヨンの『マザー』、イエルとカップル役で出演した『最高の離婚』、チョン・ヨビンらが出演する『恋愛体質』、チョン・ヘインらが出演する『D.P.-脱走兵追跡官-』、BTSジンの「Yours」がOSTとして使われた『智異山<チリサン>』などに出演しています。
これまであまり存在感がありませんでしたが最近になって爆発的な人気を誇るようになりましたね。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』1話の見どころ、感想

三人兄弟それぞれのソウルでの職場のストレスが語られる一方、週末は家族総出で畑仕事に汗を流す様子が描かれます。
寡黙な謎の男、ク氏はお父さんの工場で働いています。
ク氏が畑に出ると、がっちりしたガタイが田舎の風景の中でとても頼もしく見えます。

戸外で家庭料理を楽しむシーンがたびたび出てきますが、大人数で食べる食事が、実に美味しそうなんです!
車を買いたいのにお父さんの許可が貰えず悩むお兄ちゃんの姿が、苦しんでいるのにコミカルです。

王道のラブストーリーや事件が起きるタイプのドラマではなく、静かで映画のようなドラマです。
少し物足りないと感じる場面もありますが、現代の会社員の不満や生きづらさ、誰もが共感できる部分がとても丁寧に描かれています。

これまで天真爛漫な女性を演じることが多かったキム・ジウォンが物静かであまり話さない内向的な女性を演じており、それがまた魅力的です。
逆に、包み込むように優しい男性を演じることが多かったイ・ミンギが感情をあらわにする激しめの男性を演じており、俳優たちの意外な一面を見ることもできます。

自分の生き方と照らし合わせて感傷に浸ることができるドラマですよ!

ミジョンがまだ見ぬ恋人に向け心の中でつぶやく言葉が、私たちにも勇気を分けてくれそうです。

演じればいいんです。
”私は愛されている”
”私は完璧な女だ”
”私には愛する人がいてその人に応援されている”
”心穏やかな状態だ”
”私は今あなたと幸福な時間を過ごしている”
そう想像したいんです

ヨム・ミジョン『私の解放日誌』1話

『私の解放日誌』感想:ク氏はいったい何から解放されたのか

『私の解放日誌』2話あらすじと感想

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました