角田 裕毅(つのだ ゆうき)身長・体重・学歴は?注目のF1デビュー

トレンド

2000年代生まれの初のF1ドライバーは日本人

角田 裕毅(つのだ ゆうき)さんです。

驚愕のスピードでめきめきと頭角を現している20歳の天才をご紹介します。

スポンサーリンク

角田 裕毅(つのだ ゆうき)プロフィール

本名 角田 裕毅(Yuki Tsunoda)
生年月日 2000年5月11日 20歳!
身長 160cm
体重 53kg
出身校 LCAインターナショナルプリスクール、LCA国際小学校(相模原市)
日本大学第三高等学校~和光高等学校(転入)卒業
日本体育大学スポーツマネジメント学部在学中
出身地 神奈川県相模原市
所属チーム アルファタウリ・ホンダ
カーナンバー 22

世界を転戦するF1ドライバー。チームメイトやスタッフとの会話にも英語は必須ですね。

「小さいときはもっと喋れたんだけど」と発言しているのは海外生活の経験があるためか、インターナショナルスクールに通っていたためかは確認できませんでした。

F1をリアルタイムで見たいなら?DAZN(ダゾーン)1か月無料でお試し!!

DAZN

スポンサーリンク

角田 裕毅(つのだ ゆうき)のどこがすごい?

成長スピードです。

4歳からカートを始め、10歳からジュニアクラスへ出場。15歳の時には総合2位に輝いています。

16歳で限定A級ライセンスを取得、鈴鹿サーキットレーシングスクールのフォーミュラ部門(SRS-Formulaアドバンス)に入校し、スカラシップ選考会に進む4名に選ばれます。
その後はまさに破竹の勢いです。
2016年 F4日本選手権出場
2017年 F4日本選手権出場 第2戦岡山で初優勝(16歳333日での最年少優勝)
2018年 F4日本選手権優勝
2018年 レッドブルジュニアチーム加入(ヨーロッパ進出)
2019年 F3 イェンツァー・モータースポーツから参戦。トータル9位)
2020年 F2 カーリンから参戦。(トータル3位)
2020年の『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に輝く。日本人初受賞。
(※FIAが運営するカテゴリの全ルーキードライバーが対象)
2021年 F1アルファタウリ・ホンダのレギュラードライバーに!!

これがどのくらい凄いことかというと、今年同時にF1デビューするミック・シューマッハ(21歳)と比べてみましょう。そうです、あのミハエル・シューマッハの息子さんです。

2015年 ADAC・F4
2016年 イタリアF4
2017年 F3(トータル12位)
2018年 F3(トータル1位)
2019年 F2(トータル12位)
2020年 F2(トータル1位)
2021年 F1 ハースのレギュラードライバーに。

そうなんです。ミックはF3からF2への昇格に2年、F2からF1へも2年かかっています。
もちろんこれでも天才です!!

ところが角田 裕毅はどうでしょう?
毎年昇格して、最優秀新人賞をさらってのF1デビューです。

誰もが考えられないスピードで進化する怪物なのです!!

角田裕毅F1結果一覧2021!角田裕毅の戦績と優勝の行方を速報で!
2021年のF1第1戦から角田裕毅さんの活躍をレポートしていきます! 2021F1第1戦バーレーンGP 決勝:2021年3月28日(日)現地18:00 バーレーン・インターナショナル・サーキット 初戦は9位入賞、2ポイントを獲得し...
スポンサーリンク

今年のF1デビューは3人

今年F1初参戦するのは角田 裕毅(Yuki Tsunoda)、ミック・シューマッハ(Mick Schumacher)、そしてハースでミックのチームメイトとなるニキータ・マゼピン(Nikita Dmitryevich Mazepin)の3人です。

世界中が注目する3人ですので、ニキータ・マゼピンも簡単に紹介しましょう。
お父さんのドミトリー・マゼピンはロシアの化学肥料(カリ肥料)メーカー『ウラルカリ』の会長(主要株主)です。

今年のハースのボディはこんなです。どこから見ても「URAL KALI」。

ちょっとお騒がせな坊ちゃんのようで。

スポンサーリンク

まとめ

2021年3月15日のテスト走行でその腕前を世界に見せつけた角田裕毅。

ホンダエンジンを搭載したアルファタウリを駆って、F1の表彰台に日の丸を掲げるのを日本中が応援しています!

がんばれ!ユウキ!!

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました