『私の解放日誌』3話あらすじと感想

トレンド

大人気韓国ドラマ『私の解放日誌』は、最後まで見たらもう一度観たくなるような、味わい深いドラマです。

私たちの平凡な日常をいとおしく思えるような身近なセリフや、心がつらいときに見方を変えられるヒントがたくさん詰まっています。

そんな素敵なドラマ『私の解放日誌』3話のあらすじと感想をお届けします。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』3話のあらすじ

人生が思い通りにならない3人の兄弟を中心に、ク氏やチャンヒの元カノであるイェリンといったキャラクターの心境が描かれています。

お見合いで斬首の話をし、男性に怖がられたギジョンは、自分以外の女性社員全員と付き合ったことがあるパク理事との食事にありつきます。
しかし、パク理事が自分に全く関心がないと分かり、さらに落ち込んでしまいます。

誰も知らない過疎地で名乗りもせずただ生きていたいク氏はアルコール依存症で、お酒のストックは置かないのだとか。
そんなク氏と少しずつ距離を縮めたいチャンヒ。

習うことを辞めたいのに同好会に勧誘され続けるミジョンは、同好会に入っていない3人で「解放クラブ」を作ることを決意します。

3話では解放されたい男女が少しずつ努力して解決策を模索しはじめました。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』チョ家のキャスト紹介/チョ・テフン(イ・ギウ)

チョン・イルの『イケメンラーメン店』で共演したイ・チョンアと公開恋愛をしていましたが2019年に破局しました。

そんなイ・ギウは最近一般女性と結婚。
9月に済州島で挙式をあげるそうです!

『ただ愛する仲』では建築事務所の所長を、『ドクターズ~恋する気持ち』では暴力団の長で女医役のパク・シネに改心させられるキャラクターを演じました。

189cmとモデル顔負けの長身、存在感のある演技力、包容力のある優しい表情、どれも魅力的でドラマに含みを持たせてくれます!

スポンサーリンク

 『私の解放日誌』チョ家のキャスト紹介/チョ・ギョンソン(チョン・スヨン)

チョン・スヨン

チョン・スヨン http://m.mediapen.com/news/view/729893

女優チョン・スヨンはこれまで46ものドラマに出演経験のある女優です。
ドラマの中心的キャラクターではありませんが、脇役、ちょい役ということで経験を積んでいます。

オ・ジョンセ主演の『アンクル』にも出演し、『彼女の私生活』では占い師役を、キム・ジウォン主演の『サム、マイウェイ』では浮気相手役を、『恋するジェネレーション』では教師役を、社会現象を巻き起こしたドラマ『ミセン~未生~』では調査員役を演じました。

『わたしの解放日誌』1話では、シングルファザーのテフンの姉として登場します。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』チョ家のキャスト紹介/チョ・ヒソン(キム・ロサ)

テフンの姉を演じるキム・ロサは1974年生まれ48歳の女優です。

『わたしの解放日誌』ではテフンの娘を溺愛する伯母を演じています。
登場シーンは少ないですが、インパクトの強い役柄で印象に残りますね。

キム・ロサはこれまで『ペントハウス』や『ゾンビ探偵』といったドラマに出演し、家政婦や美容師役を演じてきました。
『愛の不時着』や『ミスターサンシャイン』、『賢い医師生活』や『椿の花咲く頃』といった有名作品にも出演経験があります。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』チョ家のキャスト紹介/チョ・ユリム(カン・ジュハ)

カン・ジュハ

カン・ジュハ

カン・ジュハは2008年生まれ、14歳の女優です。

これまで出演した作品『契約主夫殿オ・ジャクトゥ』や『おひとりさまジヨンさん』では主人公の子供時代を演じました。
『奥様はサイボーグ』や『復讐のカルテット』では登場人物の娘役を演じています。

今回もイ・ギウ演じるテフンの娘役として複数話にわたって登場しています。
まだ14歳ととても若いですが、子供っぽさの中にも大人びた部分が垣間見える女優さんです。

『わたしの解放日誌』では登場人物の心情を表現しないといけない場面が多いのですが、しっかりとテフンの娘の心の内を表現できています。将来有望な女優の一人ですね!

スポンサーリンク

『私の解放日誌』3話の見どころ・感想

3話ではこれまで動かなかった関係性やマイナスな心境が少しずつ動き始めます。

ミジョンやチャンヒがク氏に話しかけるようになり、ギジョンはこれまでもやもやしていたことを直接パク・ジヌに聞き、チャンヒの元カノは初めてチャンヒの村まで足を運びます。

それぞれの人物が解放に向かって動き始める転機となっていますね。

1話、2話が静かすぎて見るのをやめた方もいるかもしれませんが、ここからは少しずつ激しい展開になっていくので是非続けて視聴してほしいです。

自分の立場と照らし合わせて共感ができるだけでなく、イ・ミンギやキム・ジウォンのこれまでと違った表情を見ることもできるので、いろいろな方向から楽しめますよ!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました