『私の解放日誌』感想:ク氏はいったい何から解放されたのか?

トレンド

韓国ドラマ『私の解放日誌』は正体の見えない何かに抑圧されている登場人物たちが、人との出会いをきっかけに解放され幸せに近づいていく物語

登場人物を一人ずつ取り上げて名シーンをおさらいするとともに、解放されて行った方法と感想を記していきます。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』ク氏:キャスト

氏名:ソンソック

生年月日:1983年2月7日
身長:178cm
体重:80kg

panda
panda

もっと背が高く見えるね!胸板が広くてカッコいいー

スポンサーリンク

『私の解放日誌』ク氏:サンポでの生活

ソウルから電車で1時間半の田舎町、サンポに流れ着いた「」と名乗る無口で無表情な男。
このドラマの主人公3人兄妹の父のシンク工場で働き、家族といっしょに食事をしますが、自分の話はしません。

駅前のスーパーまで毎日2本ずつお酒を買いに行くのが日課。
溜まった空き瓶 でいっぱいになった部屋は、幻想的なほどです。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』ク氏を酒浸りにさせたものは?

ク氏が酒浸りになった理由を妄想してみましょう。
・ソウルでホストになって、その腕っぷしとカリスマでたちまち雇われ社長になった。
・同僚の妹と結婚したが、メンタルを病んでいた妻は飛び降り自殺してしまった。
・お金が稼いだが心の安らぎを感じたことがなかった。
・女たちのつまらないおしゃべりを聞く仕事にもうんざり妻の死にもショックを受け妻の兄からの非難に耐えきれなくなり、ある夜ソウルを出る。
・電車の中で居眠りをしていたら、降りる駅を間違え、それによって命拾いもしている。
・サンポは田舎で知り合いもいない、他にすることがない。

孤独---だったのでしょうか
夜の仕事で成功してお金はあっても、笑顔を分け合う人がいなかったのでしょう。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』ク氏の解放:「わたしをあがめて」

ある夜、三人兄妹の末っ子、ミジョンがクの家にやってきて、「郵便物を受け取って欲しい」と頼みます。
元彼のためにした借金を踏み倒され、家族に通知を見られたくないからです。

panda
panda

クもミジョンも無表情なんだよね

この事件がきっかけで距離が近づいたのか、ある夜ミジョンはクに
「わたしを崇めて」というのです。

うさ
うさ

すごいセリフだな!

「このまま冬が来たら、あなたはお酒を飲むしかすることがなくなる。
あなたには何か することが必要

まっすぐなミジョンに「騙されてやるか」という気持ちだったか、それともミジョンを可愛いと思っていたかはわかりませんが、クはミジョンの帰りを駅で待っていたり、ミジョンのためにアイスクリームを買っておいてやったりします。

panda
panda

崇めることって、お金がかかることじゃないんだねー

うさ
うさ

ご飯を食べに行くのも高級店じゃないしね

そしてある事件がみんなに「クさんって何者?」と考えさせます。

休みの日、畑仕事を手伝っていたミジョンの帽子が風にあおられ、小川の向こう岸に飛ばされてしまいました。
クは助走をつけた見事な走り幅跳びで小川を飛び越え、ミジョンの帽子を拾って来てやったのです。

ミジョンの兄チャンヒはクに近づき、クがロールスロイスを持っていることを知ってしまいます。
欲しかった車、しかも高級車を乗り回せる喜びに舞い上がるチャンヒでした。

しかし、クには過去の世界からの追手がやってきて現実に引き戻し、唐突にクはソウルに帰ってしまいます。

ホストクラブの経営者に戻り、お金と暴力、アルコールに塗れた日々の中、クは再び「ヨム・ミジョン」を求め始めます。

スポンサーリンク

『私の解放日誌』ク氏の解放:名前を呼ぶこと

クが「ヨム・ミジョン!」と大声で名前を呼ぶこと
そのことがミジョンを開放する助けになったと思っていましたが、同時にクも開放していたのではないでしょうか。

「ヨム・ミジョン!」と呼ばれて振り返るミジョンの顔は笑顔です。
愛を受け取る女性の顔です。
その笑顔はクの心を温めたでしょう。

崇めることは、崇められる者も、崇める者も満たしていくものなのではないでしょうか?

スポンサーリンク

『私の解放日誌』ク氏のこれからは?

ソウルの家のタンスの引き出しの札束を鞄に詰めて、クは歩き出します。
あのお金の行方は?

友人Rは「兄貴の使いこんだお金を会長に返して足を洗う」と予想しています。

すごくいいですね!

綺麗に足を洗えそうだし、お酒もやめてサンポでシンク作ったり畑やったりしたら良いですね!

友人Rは「サンポでホストクラブをやる」と言いますがどうでしょう!?

 DVD予約受付中!

スポンサーリンク

『私の解放日誌』ク氏に関する感想

当初は物静かで愚鈍?かと思ってしまうク氏。
サンポの家の前の露台に寝転んでチャミスルを飲むのが気持ちよさそうでした!

でも物語が進むにつれて、最初の印象とは全然違う正体が明らかになってきます。
これはこれでカッコよかったりします。

長身細マッチョ、顔が小さいのか?

ク氏は解放されてくると、(ミジョンもそうですが)いい笑顔になりますね。

自然に笑顔になれる相手と一緒に居られることが、ミジョンの最後の言葉「愛でいっぱい」なのかなと思いました。

『私の解放日記』1話あらすじと感想

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました