『ドライブ・マイ・カー』キャスト相関図!登場人物の関係が丸わかり

ドライブ・マイ・カー相関図 映画

村上春樹原作映画『ドライブ・マイ・カー』のキャストを相関図でご紹介します。

出演者同士の関係を語るため一部ネタバレを含みます。

スポンサーリンク

映画『ドライブ・マイ・カー』出演者相関図

ドライブ・マイ・カー相関図

映画『ドライブ・マイ・カー』相関図

広島の演劇祭に、演出家として招待された家福
愛車で広島まで移動しましたが、主催者側は運転手を用意していました。

運転手みさきは若い女性ながら抜群の運転技術の持ち主で、家福は大変満足を覚えました。

オーディションには様々な国からの俳優が集まっていますが、家福はその中に亡くなった妻と特別な関係にあった青年・高槻を発見します。

また、言葉を発声できないため、手話で演技する女優・ユナもいます。

チェーホフの『ワーニャ伯父さん』を題材の演劇を作り上げるうち、高槻の逮捕という事件が起こり、家福自身が代役を演じるか、公演をキャンセルするか、考えるために運転手みさきの故郷北海道へのドライブ旅行が始まります。

スポンサーリンク

映画『ドライブ・マイ・カー』出演者

役名 画像 キャスト氏名 役柄
家福 悠介 西島秀俊 西島 秀俊 主人公、俳優。妻を亡くしたショックから演出の仕事をしている
家福 音 霧島れいか 霧島 れいか 家福の美しい妻。

元女優、脚本家。
くも膜下出血で突然亡くなってしまう。

高槻 耕史 岡田将生 岡田 将生 俳優。音に好意を寄せている。
渡利 みさき 三浦透子 三浦 透子 ドライバー。
コン・ユンス ジン・デヨン ジン・デヨン 演劇祭のコーディネーター。家福の運転手にとみさきを連れてくる。
イ・ユナ パク・ユリム パク・ユリム 手話の女優。

実はコン・ユンスの妻。

ジャニス・チャン ソニア・ユアン ソニア・ユアン 女優。

主演の西島秀俊と運転手役の三浦透子の二人の会話が良いです。

愛想の良い娘ではないみさきが、言葉を選びながらゆっくりと自分の過去を話し始めると、それによって主人公の心の奥の感情が表に出てくる。
それがゆっくりと間を取りながら語られるのが心地よい感じ。

その感覚に反するように、みさきが運転する赤いサーブは街を、海辺を、雪の中を、星空の下を駆け巡ります!

また、妻役の霧島れいかさんの美しさも、原作の期待を上回るもので、男たちの喪失感に説得力を与えています。亡くなった後も、主人公の練習用にとカセットテープに録った声が車の中で流れつづけ、存在感が消えることはありません。

岡田将生さんは若さと情熱を持て余す青年の熱と、どこか不穏な結末を予感させる危うさを演じきっていました!

ジン・デヨンさんとパク・ユリムさん演じる夫婦が、家庭の夕食に家福とみさきを招待するシーンは心温まるもので、ラストのみさきの生活を推測させる伏線になっています。

なんといってもパク・ユリムさんの手話での演技は、目を離せなくなる力にあふれた素晴らしいものでした!

ソニア・ユアンさん他、写真を掲載しなかった各国の俳優さんの多言語による劇中劇は迫力がありました。

スポンサーリンク

『ドライブ・マイ・カー』キャスト相関図!登場人物の関係が丸わかり!まとめ

映画『ドライブ・マイ・カー』の出演者の相関関係をまとめてみました。

他者と関わることで幸せになれることも、自分が苦しんだり、人を苦しませたりすることもあります。

予期せぬ出会いで人生が大きく変わることもあり、それは年齢や性別で予測出来ることでもないのですね。

観る人によって、さまざまなことを考えさせてくれるであろうこの映画、海外での反響や評価もとても楽しみですね!

【関連記事】
『ドライブ・マイ・カー』あらすじ感想と涙腺崩壊の理由【ネタバレ】
『ドライブ・マイ・カー』映画と原作との違いは?
ヤツメウナギ『ドライブ・マイ・カー』に出てくる愛すべき生きもの
『ドライブ・マイ・カー』ビートルズの名曲との関連を歌詞から読み解く


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました