御岳山~日の出山~つるつる温泉は家族で回れるハイキングコース?

観光

御岳山宿坊に一泊し、朝食前に御嶽神社詣り、チェックアウト後日の出山つるつる温泉と回ってきました。

家族で回れるコースと言われていますが、どうなのでしょうか?

初心者3人の山歩きをレポートします。

スポンサーリンク

御岳山~日の出山

御岳山~日の出山への道は2日間の中で最も楽しく歩けた道でした!

山道もきつくなく、風景もきれい、『バードウォッチングって、やってみようかな?』と思う程たくさんの小鳥も見られる場所です。

奥津城

浅田次郎さんの小説を読んで、いったいどこなんだろう?と疑問だった『奥津城』もこの道沿いにあります。

神職の方の墓地ですので、もちろん一般人は立ち入り禁止です。

歩いていると、小さなバックパックを背負ったランナーたちに次々と追い越されます。
これがどうやら「トレイルラン」をするランナーなんですね!
皆さん「こんにちは!」と挨拶をしてくれて感じが良いです。

自転車で山道を走り下りてくる人も見かけました!

鳥居を振り返る

快適な道をしばらく歩くと鳥居が見えてきます。
御岳山の側から通る人たちにとっては「ここまでが神域」ということですね。

清浄な空気に満たされた、特別な場所でした。

歩きやすい山道

目的地は日の出山。

落葉樹の林の中なので、明るく、いろいろな花が咲いていて楽しく歩けます。

椿

大塚山から御岳山初心者が登るのは大変?
ケーブルカーを使わないで御岳山に登るなら? 登山ルートはいくつかありますが、コロナの影響で密を避けたい方に特におすすめのルートがあります。 私たち初心者3人が大塚山から登ってみました。 レポートしますので、山行き計画のご参...
スポンサーリンク

日の出山山頂

日の出山山頂に到着!

山頂の少し手前にトイレあり。
つるつる温泉方面に行く場合は、ここに戻ってこなくて済むように、先にトイレに入っておきましょう。

日の出山山頂より!

360度の展望が見られる、貴重な場所です。

あいにくの春霞でしたが、西武ドーム、狭山湖、横田基地が見えました。

日の出山山頂より!

山頂にはベンチが多数用意されていたので、私たちも宿坊で作ってもらったおにぎりをいただきました。(本当はちょっと、早いのです)

お湯を沸かしてカップ麺を食べていた人がいて、すべてがスマートなのに感心してしまいました。

パウチで持参した水を小さいお鍋に入れて、小型のバーナーでお湯を沸かす。
カップ麺にグリーンカレーを投入、締めはおにぎりも入れて。
食事のごみはジップロックに入れて空気を抜きながら小さくたたみ、小型のリュックにきちんと収納して帰る。

私だったら普通のカップ麺だけで良いですが、ここでスマートに作って食べたら美味しいだろうなあ。と思いました。

山頂には東屋もあるので、天候が悪くても、また夏でもお弁当が食べられそうです。
ここにはつるつる温泉のバス時刻表が貼ってありました。

つるつる温泉バス時刻表

スポンサーリンク

つるつる温泉へ

つるつる温泉へ

山頂からは急な下り階段でつるつる温泉へ向かいます。

この辺は家族連れも多く、小さいお子さんも多いです。

実は私たちには意外とこの下りが足に来て(笑)大変でした

景色はとても良いです

ピンクのモザイク

樹の間から見える向かいの山肌は、濃いピンクと淡いピンクのモザイク。
下り坂に足を滑らせながらも景色に見とれてしまいました。

下りの階段。このあたりも桜の蜜を吸いに来る小鳥がたくさん

元気にお父さんとお母さんの間を走り回っていた子どもたちも、疲れたのかお父さんにだっ
お父さんご苦労様です。

山吹

スポンサーリンク

つるつる温泉

ようやく山道が終わり舗装道路へ。

歩きやすいはずなのですが、足がガクガクします(笑)

ここからつるつる温泉までわずか300mのはずなのですが、上り坂がツライ。

写真を撮る元気もなく、そそくさとつるつる温泉へ!

つるつる温泉。ネーミングが素晴らしいので広告も不要ですね。

入ってみると本当にお湯がつるつる、疲れた足・腰・背中に優しいお湯です。

しかし気になったのは人の多さ

脱衣所、お風呂もかなりの混雑でした。

つるつる温泉の建物の外にバス停留所があり、JR五日市線の武蔵五日市駅まで30分弱で行くことができます!

散々歩いた末のバス、しみじみありがたみを感じました!

スポンサーリンク

まとめ

御岳山の2日目は、御岳山~日の出山~つるつる温泉。

御岳山~日の出山は2日間の中で最も快適な山道でした。

つるつる温泉は名前の通り、気持ちの良い温泉です。

ご家族連れも多いですが、お子さんが最後まで歩ききれないと大変ですので要注意ですね。

2日間お天気に恵まれて、またすぐ行きたいと思う楽しい山歩きができました!

 

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました