『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』アニメ9話あらすじと名セリフ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン V・エヴァーガーデン

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第9話のあらすじをご紹介します。

第9話は第8話の続きです。

ヴァイオレットは少佐を喪った悲しみに打ちひしがれ、それと同時に過去の自分が犯してきた罪に苦しみます。

どん底のヴァイオレットを救ったものは…?

心に残る名セリフもじっくりとお楽しみください。

スポンサーリンク

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第9話/回想:インテンス奪還作戦

撃たれた少佐に逃げろと命令されたヴァイオレットは、少佐を連れて逃げようとします。

小さな体で少佐に肩を貸して逃げるヴァイオレットの右腕を、敵の銃が襲います。

しかし、敵の爆薬は、ヴァイオレットの左腕をもぎ取ります。

それでも少佐をくわえて引きずろうとするヴァイオレット。

少佐はそんなヴァイオレットに、言葉をかけます。

生きるんだ ヴァイオレット
君は生きて 自由になりなさい
心から 愛してる
ヴァイオレット
ヴァイオレット

あいってなんですか?

砲撃の寸前に、少佐はヴァイオレットを塔の外に放り出したようです。

少佐の遺体は見つからず、認識票だけが瓦礫の下から発見されました。

スポンサーリンク

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第9話/インテンス大聖堂跡

ホッジンズがヴァイオレットを迎えに来ました。

やはり、この最後の戦場で、雨に打たれていたのです。

ヴァイオレット
ヴァイオレット

わたしは少佐のいらっしゃる所にしか行けません

そう言って拒むヴァイオレットでしたが、ベネディクトが車に乗せて連れて帰ってくれます。

ホッジンズは、今までドールとして頑張ってきたことを褒め、もう少佐の命令がなくても生きていけるはずだ、と言います。

スポンサーリンク

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第9話/C.H郵便社

郵便社に帰ってきたものの、部屋に引きこもるヴァイオレット。

心配したカトレアが様子を見に行きます。

ヴァイオレット
ヴァイオレット

わたしはホッジンズ社長がおっしゃった通り

燃えているのです。

自分がしてきたことで。

「あの子は何もかもなくしてしまった」というカトレアに、ホッジンズは

「大丈夫、なくしてないよ。なにも。」
そう言うのでした。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第9話/C.H郵便社

ヴァイオレットの悲しみは少佐を喪ったこと。
それと同時に、過去の自分が人を殺めた罪が、ヴァイオレットを苦しめるのです。
そのことが悪夢になって、ヴァイオレットを襲います。
そんなヴァイオレットに、郵便配達のおじさんが手紙を届けてくれます。
新人ポストマンが捨ててしまった手紙が見つかり、夜遅くまで配達をしているのです。
ヴァイオレットは、ハイヒールのせいで足をくじいてしまったベネディクトの代わりに、郵便配達を申し出ます。
どれ一つ取ったって、誰かの大切な思いだからな。
届かなくていい手紙なんてないんだ。
部屋に戻ったヴァイオレットは、先刻受け取った手紙を開封します。
それはエリカとアイリスから。
伝えたかったの。心配してるって。
それから、あなたの事を、待ってるって。
それに、ルクリアのお兄さんからヴァイオレットに、妹への手紙の依頼が来ていました。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第9話/ドールの仕事

ヴァイオレットはルクリアの家に、お兄さんを訪ねて行きました。
妹からの手紙を受け取ったお兄さんは、仕事も決まり、すっかり立ち直っていました。
今度はお兄さんがヴァイオレットに、妹への手紙を依頼したのです。
「ありがとう」その言葉を受け取ったヴァイオレットは、そっと、教官からもらったドールのブローチに触れてみるのでした。
街を歩けば、シャルロッテ王女の活動が新聞を飾っています。
劇作家オスカーの新作舞台の広告が掲げられています。
花屋の店先で紫色の花を見たヴァイオレットは、少佐の言葉を思い出します。
ヴァイオレット
ヴァイオレット

その名に ふさわしい

その名が 似合う

ホッジンズ社長のところに行ったヴァイオレットはこう聞きます

ヴァイオレット
ヴァイオレット

社長のおっしゃる通り 私はたくさんの火傷をしていました。
いいのでしょうか。
私は自動手記人形でいていいのでしょうか。
生きていていいのでしょうか

ホッジンズの答え。

「してきた事は消えない。
でもきみが自動手記人形サービスとしてやってきたことも、消えないんだよ。」
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
『ヴァイオレットエヴァーガーデン』上巻 Amazon

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』上巻 Amazon

スポンサーリンク

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』アニメ9話あらすじと名セリフまとめ

どん底のヴァイオレットを救ってくれたものは、心を寄せてくれる友達がいるということ。

手紙を届けるという仕事。

ルクリアのお兄さんが手紙の依頼をしてくれたこと。

過去の仕事を思い出すことができたこと。

道具として使われてきたマイナスの記憶を、現在のプラスの仕事が打ち消してくれるということなのです。

ルクリアのお兄さん同様、人はどこからでも、変わることができるのです。

しかし少佐を喪った悲しみはどう埋め合わせたらよいのでしょう?

ヴァイオレットに新しい愛が訪れるとき、ようやく癒えていく悲しみなのかもしれません。

【関連記事】
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』アニメ10話あらすじと名セリフ

 

 

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました