『マトリックス・レザレクションズ』予告の意味するところは?

マトリックス

『マトリックス・レザレクションズ』の予告編動画が公開されました。

記憶を失っているらしいネオ、大量の青いピル、不思議の国のアリスの本とタトゥー。

動画にちりばめられた小道具の考察と、『マトリックス』シリーズ4作目の予想をしていきます。

スポンサーリンク

『マトリックス・レザレクションズ』の予告編動画にちりばめられた小道具

予告映像はセラピスト風の男の「トーマス、目が覚めたようだね、何があった?」という問いかけから始まります。

黒猫が画面を横切るシーンは、『マトリックス』で黒猫デジャヴシステムのバグのサインであったシーンを思い出させますね。

「マトリックス」の世界が広がる

トーマス・A・アンダーソン(キアヌ・リーブス)の答えは「夢とは思えない夢を見た」。

暗闇に緑色の発光が印象的な、あの世界が高速のフラッシュバックで蘇ります!

銃撃、液体のカプセルに納められた人間の体、モーフィアス、トリニティらしき人影。
1作目の「マトリックス」の場面を彷彿をさせますね。

「僕は狂ってるのか?」と聞くトーマス(ネオ)に、セラピストは「ここではよくある」と答えるのです。

3部作の最後、『マトリックス・レボリューションズ』では、死んだはずでは?

記憶を消去されて、マトリックスの世界で再生しているのでしょうか??

髪も長くなり、年を重ねた感じはありますが、やっぱり「あの時の ”ネオ” のまま」と感じさせてくれます!
キアヌ・リーブス、健在です!

スポンサーリンク

トリニティとの再会

次の場面はトリニティとの再会シーン。

ネオはトリニティと握手しますが、記憶が蘇るのか、トリニティの手をなかなか離そうとしないようです。

トリニティは「前に会った?(Have we met?)」と聞きます。
キャリー=アン・モスは54歳には見えない若々しさ、美しさです!

握手をするトリニティの手首には不自然に太いブレスレットか、時計のメタルブレスレットに見えるものが。

もしかしたら、冒頭の猫の首輪と同じものかも?

あいまいに首を横に振る時の、キアヌ・リーブス独特の表情が、相変わらずワンちゃんみたいで懐かしい気持ちになります!

スポンサーリンク

鏡の前で青いピルを飲む

『マトリックス』1作目では、青いピルはここで終わるもの、赤いピルはマトリックスの世界を覗かせるものでした。

ジェファーソン・エアプレインの『ホワイトラビット』をBGMに、現代らしく、エレベーターの中で大勢がスマホの画面を見ている映像などが流れます。

(前作は固定電話で移動していましたからね!)

そしてふたたび、大量の青いピル

ガンダムくん
ガンダムくん

これって、『マトリックス』で青いピルを選んだネオのパラレルワールドだったりして?

シャア専用ズゴック
シャア専用ズゴック

なるほど!違う世界線をたどるんだな?

 

 

 

 

 

 

 

『不思議の国のアリス』

次に出てくる小道具は『不思議の国のアリス』の本です。

表紙にイラストが描かれていますので、子ども向けの挿絵入りの本でしょう。

映画『マトリックス』の1作目では、「白うさぎを追え」というのがトリニティやモーフィアスのもとへ導くキーワードでした。

これは『不思議の国のアリス』で、白うさぎを追って行ったアリスが不思議の国に迷い込む、ということが題材となっています。

そして、モーフィアスが「飛び立つ時だ」と赤いピルを差し出すのです!

また、肩にうさぎのタトゥーのある女が「ついてきて」という点も1作目と同じです。

鏡を通って入ってきた部屋は洋風ですが、続いて入る部屋は格子戸、丸窓、日本庭園と和風です。

「君が戦い続けるのは、いまだにこの世界から抜け出せないからだ!」と言いながら、秀吉のような派手な着物の男が拳法で襲ってきます。

キル・ビルか?

サングラスのエージェントたちも健在!

あのサングラスをかけた3人組のエージェントも姿を見せます。

重力無視のド派手なアクションも、スケールの大きい爆破シーンも満載!

『マトリックス レザレクションズ』予告編、解禁!1作目の続編に逆戻り?

「長い年月の果てに始まりに戻ったのさ
”マトリックス”にね」

始まりって、思いっきし1作目まで戻っちゃってませんか?

スポンサーリンク

『マトリックス・レザレクションズ』予告の意味するところは?まとめ

3作目で死んだと思われたネオとトリニティは、記憶をなくしてマトリックスの世界にいるようです。

エージェントも健在、マトリックスの世界も強固なように見えますが、ふたたび、ネオは目覚め、新しい仲間も加えて戦いをはじめる、というストーリーのようです。

また追加情報が出ましたらお届けしていきたいと思います!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました