『竜とそばかすの姫』「その出会いは偶然じゃなかった」の意味は?

細田守監督作品

細田守監督映画『竜とそばかすの姫』では「その出会いは偶然じゃなかった」というコピーが入ります。

この言葉の意味するところは何でしょう?

「ベル」と「竜」の出会いと、ベルの心の成長について考えてみました。

ネタバレになりますので、映画の鑑賞がまだの方はご注意ください。

スポンサーリンク

『竜とそばかすの姫』ベルと竜の出会い

すずが幼いころ、大好きだったお母さんは増水した川で子どもを救出に行き、自らの命を落としてしまいます。

「お母さんはなぜ、見知らぬ子どもを助け、そのために私を一人ぼっちにしたのか」

この疑問がすずの心を閉ざし、お父さんともほとんど会話をしない、大好きだった歌は歌えない、そんな子どものまますずは成長していきます。

ある日、友人から招待された「U」の世界で、すずは「ベル」という人格になり、ベルの歌声は世界中の注目を集めます。

ベルのコンサートの日、会場に突然現れたのは『竜』でした。

コンサートをめちゃめちゃにした竜は、危険な存在として、多くの非難にさらされます。

スポンサーリンク

『竜とそばかすの姫』竜を探すベル

ベルはその後、何度も「U」の中で竜を探し回ります。

ベルにとって竜は恐ろしい存在ではないというのでしょうか?

なぜ見知らぬ竜を、探し回るのでしょうか?

それは、「見ず知らずの困っている存在だったから」なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

すずは「お母さんの気持ち」を知りたい

お母さんはあの時なぜ、見ず知らずの子どもを助けに行ったのか?
すずを置き去りにして、すずのことはどうでもよかったのか
このことがすずを苦しめていたのです。
だから、すずは見ず知らずの竜を探し求めることで、あの時のお母さんの気持ちを理解したかったのではないでしょうか。
スポンサーリンク

『竜とそばかすの姫』はすずが悲しみを乗り越える物語

すずは「U」の中ではスーパースター・ベルになりました。

でもスーパースターとしてのベルを失ってでも、すずは竜のリアル、虐待されている少年を救いたいと考えたのです。

すずは自分自身があの瞬間のお母さんと同じ行動を選ぶことで、お母さんの気持ちを理解することができました

自分は見捨てられたのではない。
選ばれなかったわけではない。
価値がないわけじゃない。

お母さんは救えるかもしれない生命を選んで行動しただけだった。

そのことを知ったすずは強くなります。

そして心を開いて、やっとお父さんと向き合うことができたのです。

スポンサーリンク

『竜とそばかすの姫』「その出会いは偶然じゃなかった」の意味は?

すずと竜との出会いは、すずに「竜を助けよう」とリアルの世界で行動させます。

そして、自分の行動によって、はじめてあの時のお母さんの気持ちを理解することができました。

ようやく心を閉ざしてきた長い日々は終わり、すずは本来の自分を取り戻すことができるでしょう。

毎日一緒にいてくれるお父さん、たくさんの友だち、コーラス仲間の大人たち、なにより幼なじみのしのぶ君と、これから始まる未来が楽しみです。

 

U-NEXTで細田守監督作品が今なら見放題!
未来のミライ・時をかける少女・おおかみこどもの雨と雪・バケモノの子・サマーウォーズ
31日間の無料期間あり!
登録3分解約も簡単!
↓  ↓  ↓

アニメの最新作品から名作まで充実のラインナップ!U-NEXT

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました