『竜とそばかすの姫』は『美女と野獣』へのオマージュ?映画館で見るべき3つの理由

細田守監督作品

細田守監督・脚本の映画『竜とそばかすの姫』はまさに映画館で楽しむべき名作でした!

まず、画像の圧倒的スケール感
『サマーウォーズ』にも登場したインターネット上の仮想空間がヴィヴィッドに、奥行きを伴った表現で展開します。

そして音楽、特に歌のすばらしさ
これは映画館で聴いてこその鳥肌モノです。

さらにディズニー映画『美女と野獣』に捧げられた深いオマージュ
細田監督のいつもの作画とは全く異なる、輝きと陰影の対比の美しい印象的なシーンでした。

スポンサーリンク

細田守監督の映画『竜とそばかすの姫』「U」の空間の広がりがスゴイ

仮想空間「U」が素晴らしく美しい!
『サマーウォーズ』から進歩しすぎ、と思いましたが、悠々と泳ぐクジラの姿に やっぱり細田ワールドを感じてしまいました!

この中で繰り広げられる追跡のシーンも手に汗握る迫力です!

『竜とそばかすの姫』原作あらすじをご紹介!細田守監督が映画化

スポンサーリンク

細田守監督の映画『竜とそばかすの姫』音楽、歌の力を再確認!

『竜とそばかすの姫』予告2【2021年7月16日(金)公開】

「ベル」の歌がとにかく刺さります!
これは映画館で聴けて良かったー!!
中村佳穂さんの歌、そしてすずの声で何度も涙を誘われます!!

『竜とそばかすの姫』映画の主題歌は誰が歌ってるの?

スポンサーリンク

『竜とそばかすの姫』は『美女と野獣』に捧げられた深いオマージュ

竜がねぐらにしているのは天空に浮かぶ城。
ベルがそこに足を踏み入れた瞬間から始まる既視感…そう、ここは「美女と野獣」のお城なのです。

Disney + HPより

飛び回る小さなASたちは、魔法で家具や食器にされた使用人たち。

咲き乱れる「魔法のバラ」は『美女と野獣』のシンボル的アイテム。

歌姫のベルがあざだらけの竜に注ぐ優しさは、まさに「ベル」そのものです。

二人が躍るシーンは「ここがクライマックスでは?」と錯覚するほどでした!

スポンサーリンク

『竜とそばかすの姫』に残る小さな謎?

『美女と野獣』のシーンを見ると「すべてはここへ続く導線だったのね」と、細かいことは気にならなくなります(笑)

しかし、①コンサートに乱入してきた竜に、恐怖を抱かず惹かれていく理由、②天空に浮かぶ城を竜が所有している理由、③仮想空間に火を放ち竜をあぶり出そうとするやり方など、解けない謎はいくつか残ってしまいました。

ぜひ、映画館で目を皿のようにして解明してみてください。

スポンサーリンク

『竜とそばかすの姫』は『美女と野獣』へのオマージュ?映画館で見るべき3つの理由まとめ

細田守脚本・監督作品『竜とそばかすの姫』は、仮想空間「U」のすばらしさ、歌のすばらしさ、「美女と野獣」愛の深さを十分味わうために、ぜひ劇場で鑑賞して欲しい作品でした。

『竜とそばかすの姫』「その出会いは偶然じゃなかった」の意味は?

U-NEXTで細田守監督作品が今なら見放題!
未来のミライ・時をかける少女・おおかみこどもの雨と雪・バケモノの子・サマーウォーズ
31日間の無料期間あり!
登録3分解約も簡単!
↓  ↓  ↓

アニメの最新作品から名作まで充実のラインナップ!U-NEXT

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました