『漁港の肉子ちゃん』三つ子の老人の意味するものは?

漁港の肉子ちゃん

『漁港の肉子ちゃん』に登場する三つ子の老人。

漁港の幽霊?それとも何か、意味するものがあるのでしょうか?

原作の小説『漁港の肉子ちゃん』から三つ子の老人の登場シーンをたどってみましょう。

スポンサーリンク

『漁港の肉子ちゃん』三つ子の老人は港にいる

喜久子が漁港に行くと、「三つ子の老人」がいます。

三人はそれぞれ帽子をかぶり、海に向かって座っています。

煙草を吸いながら、仲良く昔の話をしているのです。

でも、それは袋をかぶせられ、船に乗せられて拉致された人の話。

三人の老人ではなく三つ子、と表現しているのは、3人は悲しみを共有しているからなのです。

家族と引き離された悲しみなんだね

スポンサーリンク

『漁港の肉子ちゃん』三つ子の老人のいたずら

喜久子には三つ子が幽霊だとわかっていますが、他の人には三つ子の姿は見えないようです。

漁師が船に向かう時、三人の「体をすり抜けて」しまうことがあるのです。

すると、三人のうちの誰かが頭を叩いたり、うなじをくすぐったり、膝の裏を押したり。

その後は何事もなかったかのように海を見ているのだそうです。

でも、三つ子は、夜に泣くのです。

 

子どもみたいに人にちょっかい出したりするけど、やはり三つ子は悲しみと寂しさの象徴なのね

 

喜久子が船に乗せてもらう日は、朝から泣いていたね

 

スポンサーリンク

『漁港の肉子ちゃん』クリスマスの三つ子の老人

クリスマスは、自分たちが欲しいものをサンタクロースが届けてくれる日。

三つ子の願いはたった一つ。

自分たちの家族が帰ってくることだけ。

引き離された家族を思う気持ちは、亡くなった後も消えることはないのね

スポンサーリンク

『漁港の肉子ちゃん』喜久子には三つ子が見えなくなる

漁港のある町の人の温かさにつつまれて、肉子ちゃんの思い、産みの母の思いを知った喜久子には、三つ子の姿が見えなくなります

しゃべるヤモリやかもめは、喜久子の寂しさが創り出していたものだったのでしょうか。

愛情に包まれていたことを知って、見えなくなったのか。

成長して、一つおとなになって、見えなくなったのか。

映画の中ではどのように描かれていくのか楽しみです。

『漁港の肉子ちゃん』あらすじと感想【ネタバレあり】アニメ映画6月公開
2021年6月11日(金)アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』が公開されます。 明石家さんまプロデュース、吉本興業製作。 声優陣は大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹など豪華キャストです! 原作『漁港の肉子ちゃん』は西加奈子さんの小説。 ...
漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫) | 西 加奈子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで西 加奈子の漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。西 加奈子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました