『プロフェッショナル』庵野ネタバレ感想!やはりマリはモヨコだった

エヴァンゲリオン

この記事は4月28日に放送された『プロフェッショナル仕事の流儀 庵野秀明監督』について書いています。

3月22日に放送された75分版から拡大された100分のスペシャル番組の内容をネタバレでご紹介します。

スポンサーリンク

ダメ出しの嵐に応えるスタッフたち

彫刻家は、自分だけに見えている作品を木や石の中から彫り出すと言います。
「プロフェッショナル」を見て思い出したのがそのことです。

庵野監督にしか見えていないエヴァンゲリオンを、スタッフが作ってくるものを削ぎ落し、手直ししながら探り当てていくのです。

スタッフが何十日も作業したものでも「これは違うということが分かった」の一言でバッサリ!

スタジオカラーのスタッフは本当によくついていくな…と感嘆しました!

打合せでも、自分からこうする、ああする、と発言する風もなく、自分たちで考えて作らせる

そしてダメ出し

周りはたまったものではないですね。

しかし、作品に対する妥協を全くしない庵野監督自身、産みの苦しみを味わい続けているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

監督自身に対する問いかけは心が病むレベル

庵野秀明「ここで無理したら身体が壊れる、心が壊れるんじゃないっていうのは、それは一旦無視。面白いものを作るのが最優先

「エヴァンゲリオン:破」のあと鬱状態になったと語っています。

「僕は壊れました」

命を削って作品を作っているんですね。

その上、世間では作品に対して否定的な声を上げる人もいます。
自分で自分を追い詰める作業は、どんなに辛いものだったのでしょうか。

庵野秀明と安野モヨコWアンノの出会いは?
「シン・エヴァンゲリオン」が大ヒットしている庵野秀明監督と、妻の人気漫画家安野モヨコさん。苗字が「アンノ」なのは偶然というのですから、運命を感じちゃいますね!二人の出会いと、苦難を乗り越えて株式会社カラーを設立した模様を安野モヨコさんの「監督不行届」からの情報を交えてお届けします。

監督の心はきっと今でもこの時のまま。

ヤマトを見た時に時計が止まってしまった、永遠の少年 なのではないでしょうか?

セリフ一つ一つに「語尾下がった感じで」「もう出ない?」とこだわりを見せる監督に、声優さんがプロとして応えていく様子も見ごたえありました!

スポンサーリンク

妻・漫画家安野モヨコさんの存在

私も印象的だったこのシーン!

こうして支えてくれる人がいて、監督の頭の中の妄想はついに形になることができたのでしょう。

偏食、お風呂ギライ、ゴミ出しや洗濯もできない庵野監督が、日常生活をまともにできることもモヨコさんのチカラです。

監督不行届 (FEEL COMICS) | 安野モヨコ | 女性マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで安野モヨコの監督不行届 (FEEL COMICS)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

そんな監督を愛をもって、面白がって(失礼!)見ているモヨコさんは器が大きい人ですよね。

噂通り、エヴァンゲリオンのマリ・イラストリアスはモヨコさんなのだと思いました。

だって、「イラスト」リアス、ですものね。

エヴァンゲリオン・マリの歌う昭和歌謡!シン・エヴァで歌ってるのは?
シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の中で真希波・マリ・イラストリアスが口ずさむ歌や、映画の中で使用される歌。『真実一路のマーチ』、『世界は二人のために』、『ひとりじゃないの』、『 三百六十五歩のマーチ』、『今日の日はさようなら』、『翼をください』をご紹介します。

印象的だったこのシーン。

シン・ウルトラマン、シン・仮面ライダーと、私たちも次を楽しみにしています。

いったい庵野監督は私たちをどこに連れて行くつもりなのでしょう(笑)

スポンサーリンク

まとめ

一人の天才と、天才の作品に尽力するプロフェッショナル集団。

庵野監督一人でなく、スタッフ全員がプロフェッショナルであると納得できる番組でした!

また、妻・漫画家安野モヨコさんの支えが、監督の仕事を完成させてくれたのであろうと思いました。

1214日にわたる密着取材は、『プロフェッショナルの仕事』の想像を絶する大変さを見せてくれました!

シン・エヴァンゲリオンを彷彿とさせるカメラワークはNHKの遊び心。

もう一度、劇場にシン・エヴァンゲリオンを見に行きたくなりました。

シン・エヴァ裏宇宙(マイナス宇宙)へ!ネタバレ名セリフ!
シン・エヴァンゲリオン劇場版のあらすじを、キーワードと名セリフを交えてお届けします。 入場者特典のチラシにぎっしりと書かれた64のキーワード。 あらすじをたどりながらもう一度シン・エヴァンゲリオンの世界を追体験しましょう!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました