シン・エヴァの前にこれだけで!ヱヴァ新劇場版Qわかりやすい解説!

エヴァンゲリオン

ヱヴァンゲリヲン新劇場版Qは”難解”と言われます。
前作:「破」の14年後、何が何やらわからない世界の戦闘シーンから始まるので無理もありません。

ここではヱヴァンゲリヲンQのあらすじを、用語解説を交えながら解き明かします。シン・エヴァを見に行く前に”難解”と言われるエヴァQをサクッと攻略しましょう!

あくまで個人の妄想ですので、誤った部分も多いかと思いますが、10人10様の解釈ができるのもエヴァの魅力です。

一緒に楽しみましょう!

スポンサーリンク

エヴァQ:AAAヴンダーと敵との戦闘

あらすじ

葛城ミサト大佐が艦長を務めるAAAヴンダーは、敵と闘っています。

左目に眼帯をしたアスカは改2号機に乗り、マリは8号機に乗り、ATフィールドを破壊する敵・ネルフのコード4Aを倒します。

次に襲ってくるのが黒い十字型の棺桶のようなコード4B
アスカは「強奪成功」と報告しますが、コード4Bは直後に攻撃を仕掛けてきます!
苦戦しますが、なんとか倒すことができました。

カオル君が「お帰り碇シンジくん。待っていたよ」と言う映像が挟まれ、ヴンダーの中で碇シンジは目を覚まします。

シンジの看護をしてくれていたのは鈴原サクラ、鈴原トウジの妹です。
シンジは自分が意識を失っていた間に14年の歳月が経っていたことを知るのでした。

そしてシンジの首にはDSSチョーカーが巻かれ、エヴァで暴走した場合命を絶たれることを教えられます。

そうこうする間に、ヴンダーは敵に四方を囲まれ袋のネズミになって行きます。

ミサトはぶっつけ本番でヴンダーを飛ばす決断をするのですが、このシーンがカッコよすぎて息つく暇もありません!

アスカが改2号機に乗って「点火装置をぶち込む」役を果たすのですが、まさにハマリ役!アスカらしさ全開です。

ヴンダーが戦うのはネルフの「ネーメジスシリーズ コード4C」です。
これらはパターン青とアナウンスされますので、使徒と同じ色であることがわかります。

ミサトは「神殺しの力、見極めるだけ」と呟き、ヴンダーでコード4Cのコアブロックを引きずり出し、破壊します。

ここまでの用語解説

AAAヴンダー

ネルフのネーメジスシリーズ

ネーメジスシリーズはネルフの自立型兵器。Mark04と呼ばれていますが、コード4A、コード4B、コード4Cの3種類出てきます。

これらは「初号機をもとに作られた兵器」ということになっています。

DSSチョーカー

Deification(神格化) shutdown System Choker。エヴァが覚醒、暴走したらパイロットの命を奪って動きを止めるものでしょう。
使徒封印文様が刻まれているので、使徒は(カヲル、シンジも?)チョーカーを装着していると力を制御されてしまいます。

神殺しの力

諸説ありますが、自らを創ったものを殲滅する力、ではないでしょうか。

ヴンダーの動力源はエヴァンゲリオン初号機、初号機はリリスの肉体から作られています。

この時闘っていたネルフのネーメジスシリーズもまた、初号機から作られたもの。

同じ起源を持つ者も殲滅する一段上の力、ということだと思います。

スポンサーリンク

エヴァQ:14年間の出来事

あらすじ

ミサト、リツ子らは今はネルフから敵対し「WILLE(ヴィレ)」という組織を作っています。

ミサトは初号機の機体を回収し、碇シンジとS-DATを発見したが、そこに綾波レイはいなかったと言います。

アスカは左目の眼帯以外全く外見が変わっていませんが、これを「エヴァの呪縛」と呼んでいます。
同様にマリも、シンジも全く外見に変化がありません。

そこへ敵襲。綾波レイが乗るネルフのマーク9がシンジを連れに来たのです。

ミサトは「WILLEの目的はネルフの壊滅。ネルフのエヴァはすべて敵」とマーク9を攻撃するのですが、結局去って行くシンジのDSSチョーカーを起動させることはできなかったのでした。

ここまでの用語解説

WILLE(ヴィレ)

willeはドイツ語で「意志」。

葛城ミサトを中心とした組織で、フォースインパクトの阻止とネルフのエヴァの破壊が目的。

スポンサーリンク

エヴァQ:ネルフ本部へ

あらすじ

何もない部屋で気づいたシンジは、黒いプラグスーツの綾波レイに導かれて荒れ果てたネルフ本部の深部へと歩いていきます。

そこへ現れた父碇ゲンドウは渚カヲルを紹介し、エヴァ第13号機に2人で乗ることになると告げます。

シンジはS-DATのお礼を言うために、綾波レイを探してネルフ本部内をうろつきます。
物置小屋のようなレイの部屋を見つけますが、以前のレイとは違う受け答えに違和感を覚えます。

そのころ冬月はゲンドウと語り合っています。

「ゼーレはまだ沈黙を守っているのか?」と冬月が問うと、ゲンドウは
「人類補完計画は死海文書通りに遂行される。もはや我々と語る必要はない」と答えます。

冬月は「第13号機を使うつもりか?ユイ君のためにオマエの計画についていくだけだ」というのですが、いったいどんな意味があるのでしょうか。

シンジはピアノの音に誘われて渚カヲルと連弾を楽しむようになります。

カヲルは壊れたS-DATを修理してくれて、「友だちだから」と言ってくれました。
シンジは「星を見ようよ」とカヲルを誘い、だんだん打ち解けていきます。

翌朝シンジは、配られたシャツに鈴原トウジの名前を発見し、突然「みんなはどうしたんだろう」と不安になります。

カヲルはネルフ本部の奥へと降りる階段へシンジを連れて行き、ニアサードインパクト後の荒廃した世界を見せます。

「ネルフでは絶滅を人類補完計画と呼んでいた」

「一度覚醒しガフの扉を開いたエヴァ初号機は、サードインパクトのトリガーとなってしまった。
リリン(人間)の言うニアサードインパクト、すべてのきっかけは君なんだよ。

リリンは君に罪の代償を与えた。それが首のチョーカーだよ」
と残酷な事実を話して聞かせるのです。

ここまでの用語解説

S-DAT

エヴァンゲリオンの当初からシンジが大切にしているソニー製の音楽プレーヤー。

DAT (digital audio tape recorder)の上位規格。

S-DATは当初ゲンドウとの絆の意味を持っていたが、徐々に綾波との絆の意味に変わって行く。

ピアノ曲

音楽監督の鷺巣詩郎(きざすしろう)さんがこのエヴァンゲリオンQのために作曲したオリジナルの楽曲です。
タイトルはQuatre mains(キャトルマン)。
意味は「4本の手」そして音楽用語では「4手連弾」となっています。

ガフの扉

ヱヴァンゲリヲン新劇場版Qより

ガフの部屋の扉が開くと、全人類の魂はLCLに吸収されて1つ=リリスに溶け合う。

「人類補完計画」は全人類をLCLに戻し、完璧な生物にする計画のこと。

アダムがラストインパクトを起こすと、このガフの扉を開けられないので、その場合は全人類はただ滅亡することになる。

スポンサーリンク

エヴァQ:碇ゲンドウの計画

碇ゲンドウは「ゼーレのシナリオを我々の手で書き換える」と冬月に言いますが、これはどういう意味なのでしょうか。

冬月はシンジを将棋に誘い、母親ユイの写真を見せます。

そして、「ユイ君は大学で僕の教え子だった。
今はエヴァ初号機の制御システムとなっている。
コアへのダイレクトエントリー、君(シンジ)も見ていたよ。
情報だけが綾波シリーズに残された。
すべては碇の計画だよ」と衝撃的な事実を告げるのです。

ゲンドウは「最後の契約の時が来る。もうすぐ会えるな、ユイ」と独り言を言いますが、これもまた意味深なセリフです。

スポンサーリンク

エヴァQ:贖罪の方法

あらすじ

エヴァンゲリオン第13号機が遂に完成しました。

渚カヲルはシンジのDSSチョーカーを外し「リリンの呪いとエヴァの覚醒リスクを僕が引き受けるよ」と自分の首に巻きます。

「ドグマの爆心地の2本の槍が補完計画発動のキー。
だから僕らで手にすればいい。
ダブルエントリーの第13号機とセットで世界の修復は可能だ。
二人でリリンの希望になろう」というのです。

ここまでの用語解説

ロンギヌスの槍

南極に落ちた巨大隕石には白き月アダム、ロンギヌスの槍、裏死海文書が含まれていた。アダムは地球を支配するため十数体の使徒を作った。

ロンギヌスの槍はATフィールドを貫通し、使徒を一撃で倒すことができる。

カシウスの槍

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破で登場する槍。

エヴァMark6に乗って月面からやって来たカヲルが「カシウスの槍」を初号機にぶっ刺して、サードインパクトを途中で止めようとするのです。

スポンサーリンク

エヴァQ:セントラルドグマへ

カヲルとシンジは第13号機に乗ってセントラルドグマの最深部に行きます。
綾波レイのマーク9も一緒です。

ここはサードインパクトの爆心地。
2本の槍に貫かれたリリスの骸が、大量の頭蓋骨の中にあります。

カヲルは「ロンギヌスの槍とカシウスの槍、2本の槍があるはずなのにここには同じ形の槍が2本。やはりやめよう」と言います。

これはカヲルがここに来ることを見越して碇ゲンドウがカシウスの槍をどこかに隠してしまったものと思われます。

「まさか第1使徒の僕が13番目に落とされるなんて。
始まりと終わりは同じというわけか。
さすがリリンの王、シンジ君のお父様だ」

というカヲルのセリフは、このことを指しているのではないでしょうか。

第13号機の起動を察知したWILLEもアスカの改2号機とマリの8号機を送り込んできます。

第13号機は腕を4本に増やし、シンジの意志で2本の槍を抜いてしまいます。

するとリリスの骸は破裂し、ゲンドウが見ている前でユイの頭部も破裂します。

スポンサーリンク

エヴァQ:フォースインパクトへ

碇ゲンドウと冬月はゼーレのメンバーに「宿願たる人類補完計画と諦観された神殺しは私が行います」と宣言します。

第13号機は2本の槍を持ったまま宙に浮かび、飛び出したコアを噛み砕きます。

アスカ「疑似シン化形態を越えている」
マリ「アダムスの生き残りが覚醒した」

ヱヴァンゲリヲン新劇場版Qより:疑似シン化形態

そして宙に浮かぶシンジの目の下で凄まじい破壊が繰り広げられるのです。

「フォースインパクトその始まりの儀式・・・」とミサトは呟き、ヴンダーでフォースインパクトを食い止めるために第13号機を攻撃します。

「アダムスの器」と呼ばれたマーク9はヴンダーの制御システムを侵食していきます。
アスカが「モードチェンジ、コードトリプルセブン」と叫ぶとアスカの眼帯の中の左目も怪しく光ります!
そしてマーク9に覆いかぶさると、「ごめん、2号機!」と自爆するのでした。

スポンサーリンク

エヴァQ:ガフの扉を閉じてフォースインパクトを止める

カオル君は「僕のせいか?」と悔やむシンジに「僕がトリガーになったからだ」と説明します。

そしてカオルは「ガフの扉は僕が閉じる」というと2本の槍を第13号機に突き立てます。

DSSチョーカーによりカオルは爆発してしまい、第13号機の機体は地上へと落下します。

落下する機体からエントリープラグを抜いてシンジを助けたのは8号機のマリ。

呆然とするシンジは怒りを露にするアスカに助け出され、どこへともなく歩き去るのでした。

シン・エヴァの前にこれだけで!エヴァQ解説:まとめ

初の設定が多く、セリフの意味も難解でしたが、またもやシンジがフォースインパクトを起こす寸前で止められた、というストーリーかと思います。

このあとのシン・エヴァンゲリオンでは残した伏線の回収が一気に進むでしょう。

語られない謎の多いアスカが主役のストーリーになって行くのではないでしょうか。

・左目の眼帯とその奥の瞳。

・そもそも2号機のパイロットになるにあたって、母親のストーリーが少ない。

・新劇場版で名前まで変えて、キャラクター変更をするほどの思い入れがあるのなら、どこかでその意図の説明があっても良いと思いませんか?

そして何より、碇ゲンドウはユイと再び逢えるのか・・・?

次作、シン・エヴァンゲリオンが本当に楽しみです!

 

 

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました