『Heartache』剣心が語る主題歌歌詞の意味和訳

るろうに剣心

2014年の『るろうに剣心 伝説の最期編』の主題歌はONE OK ROCKの『Heartache(ハートエイク)』。

”お約束”のワンオクの主題歌の中でも、とくに切ないスローなナンバーです。

この曲の歌詞を、『るろうに剣心』のストーリーに合わせて和訳してみました。

スポンサーリンク

『Heartache(ハートエイク)』英語歌詞和訳

『Heartache』作詞・作曲:Taka、Arnold Lanni

So they say that time takes away the pain…
(人は 時が経てば痛みも薄らぐと申されるが)
(拙者は そうはいかぬようでござる)
(そして別のいい女性(ひと)をみつけるだろうと申されるが)
(それはまことではない)

Why didn’t I realize?
(なぜ気づかなんだ)
(なぜ嘘を申してしまったか)
(もう一度、やり直せたら)(あの頃に戻って、そなたが拙者のものだった頃に)
(そなたのすべてが)

この歌は、剣心が自らの剣で殺してしまった愛しい女、巴に捧げる歌のようではないですか?

巴との衝撃的な別れを、いつの間にか忘れることなど できはしないでしょう。

もう一度だけ、山奥の二人の家で静かな時を過ごせたら。

巴が心を開いて拙者を受け入れてくれた あの夜に戻れたら。

そう言っているようではないですか?

So this is heartache?…
(これが心の痛みと申すもの)
(これが心の痛み・・・)
拾い集めた後悔は 涙へとかわり
(これが心の痛みと申すもの)
(これが心の痛み・・・)
あの日の君の笑顔は思い出に変わる
(巴どの…そなたを失って寂しいでござる)

幼い時に人買いにさらわれ、山の中で剣術師匠と二人だけで暮らしてきた剣心。
磨き上げた剣の腕を世のために役立てようと、ひたすらに人を斬ってきました。

でも、その中に その男を待つ女がいて、
自分の剣が人を傷つけていたことを知ってしまった。

そして、いつの間にか 自分を思ってくれる女ができた。
でも その女も自分の剣が傷つけてしまった

 

Heartache。
もうこの一言以上に、その時の剣心を表す言葉はないかもしれません。

(歌詞:筆者超訳)

寡黙な剣心は、自分の心を語ることは少ないですよね。
でもこの歌詞は言葉にならない剣心の心そのものだと感じますね。

スポンサーリンク

『Heartache(ハートエイク)』は巴へ捧げる鎮魂歌

剣心が「不殺(殺さず)の誓い」をたてたきっかけは、巴の婚約者を斬ったこと。巴の立場の人間を思ってのことであったでしょう。

まさにその人と知らぬまま巴を愛し、また巴に愛され、その後あまりにも早く訪れた別れ。

剣心の心の痛みを託した名曲ですね。

『The Beginning』剣心が語る『るろ剣』主題歌和訳
『The Beginning』の歌詞を『るろ剣』の世界と絡めて味わってみましょう。 薫殿、教えてはくださらぬか?なぜ人は拙者を抜刀斎と呼ぶのか。拙者は義を信じてとことんまで剣を振るったのでござる・・・こんな感じでHere we go!
スポンサーリンク

まとめ

歌詞の解釈はあくまで個人の見解です。
イメージが違う!と思われた方、申し訳ありません。

最終章のストーリーとつながる内容と感じましたので、ご紹介させていただきました。

この胸の痛みは、映画館で、涙で洗い流せるでしょうか?

毎回ラストシーンで流れるONE OK ROCKの歌、カタルシス効果があるのかもしれません!

Amazon.co.jp

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました