『キングダム』信と羌瘣(きょうかい)のキスシーンは何巻?

キングダム

『キングダム』で信と羌瘣(きょうかい)のキスシーンがある??

え、河了貂(かりょうてん)じゃなくて?

今回は、信と羌瘣(きょうかい)のキスシーンは何巻?

信と河了貂(かりょうてん)のキスシーンは何巻?

信と羌瘣(きょうかい)ハグのシーンは何巻?

と思いっきり信に突っ込んでいきます!

スポンサーリンク

信と羌瘣(きょうかい)のキスシーンは何巻?

『キングダム』38巻おまけマンガ『天幕(テント)』と『キングダム』39巻おまけマンガ『天幕(テント)つづき』のうち、39巻に、未遂で終わったキスシーンが描かれています。

『キングダム』38巻おまけマンガ『天幕(テント)』

対魏の前線地、三日三晩の戦いののち、羌瘣(きょうかい)は用意された天幕に入るなり眠りこけてしまいます。

その三時間後、がフラフラになって合流地に到着。
同じくフラフラの部下に「隊長は一番上のに…」と言われ、信は一番上の天幕に入ったかと思うと、やはり眠ってしまいます。

しばらくして羌瘣(きょうかい)が気配で目覚め、目の前に信の顔があることに気づきます!

『キングダム』39巻おまけマンガ『天幕(テント)つづき』

羌瘣は鼻先がくっつきそうなほど近くに信が眠っているのを見て、羌象(きょうしょう)から聞いた話を思い出します。

象姉「男と口づけするとね、胸がこう、キュイ~ンって高鳴るの

羌瘣「村には女しかいないのに男と口づけしたことあるの?」

象姉「とにかく!女ばかりの私達蚩尤(しゆう)族にはめったにそんなチャンスないんだから、もしそんな時が来たら逃すべからず!分かった瘣?

逃すべからず

『キングダム』39巻p.216

panda
panda

わわわわ~~!羌瘣~!!
めっちゃ汗かいてるけど大丈夫??

うさ
うさ

目が充血しちゃってるし!

ところが次の瞬間、渕(えん)と楚水も信と一緒の天幕で休もうと乱入してきてしまうのです!!

その瞬間の羌瘣のごまかし方が可愛くてたまりません!

信はうなされています(笑)あ~残念でした!!

『キングダム』39巻p.216

結局羌瘣のたくらみは未遂に終わってしまうのですが、ありそうなシチュエーションにありえないリアクションが笑えます!

ほのぼのするいいエピソードですね。

スポンサーリンク

信と河了貂(かりょうてん)のキスシーンは何巻?

合従軍の戦いの一日目の夜の事。
万極を討ち取るという大手柄を立てた信のもとに、麃公(ひょうこう)将軍が強い酒を持って現れます。

背後から現れた麃公にどつかれ、丘を転がり落ちた信は、たまたま丘の下にいた了貂とキスをしてしまうのです!!

『キングダム』27巻p.98

二人の驚きの表情と、河了貂の目の充血が笑えます!!

信は「妹みたいなもんだ」と言い切っていますので「ヤッベェ…」って感じでしょうか。

河了貂の方は「信と一緒に幸せになりたい」という言い方ですので、微妙な女心があるかもしれませんね。

このあと麃公将軍はガハハと笑い飛ばし、何事もなかったかのように「今日の勲功章は貴様じゃァ!」と言ってくれました。(以上『キングダム』27巻

小さいことでウジウジ悩まず、カラッとした感じで終わるのも『キングダム』の良いところですね。

スポンサーリンク

信と羌瘣(きょうかい)ハグのシーンは何巻?

『キングダム』44巻、趙の総大将・慶舎と信の一騎討ちの場面で、羌瘣は敵に信の邪魔をさせまいと劉冬と勝負します。

強敵・劉冬を討った後、趙軍の援軍が迫ってきますが、羌瘣は呼吸が戻らず逃げられません!

羌瘣の絶体絶命のピンチに現れたのは信!

『キングダム』44巻p.54

羌瘣が力を使い果たして劉冬を食い止めてくれたからこそ、信は慶舎を倒すことができました。

信「大将首…取ったぞ羌瘣」

羌瘣「……フッ みたいだな」

これは戦友としてのハグかもしれませんが、お互いを信頼し合った人間同士の命の助け合いほど尊いものはないのではないでしょうか。

私の最高に好きな場面の一つです。

スポンサーリンク

その他気になるシーン

今回は羌瘣の笑えるキス未遂、河了貂とのアクシデント、羌瘣との感動のハグシーンをご紹介しました。

まじめに信の恋愛観を探っている、こちらの記事もぜひ読んでみてください。

『キングダム』信の結婚相手は?羌瘣・河了貂・その他嫁候補は3人?

スポンサーリンク

『キングダム』信と羌瘣(きょうかい)のキスシーンは何巻?まとめ

漫画『キングダム』で信と羌瘣(きょうかい)のキスシーンは38巻、39巻続き物のおまけマンガの中に描かれます。

実は、未遂で終わるんですが…

クスっと笑えてほのぼのしてしまう、このおまけマンガが大好きです!

皆さんもぜひ単行本を手に取ってみてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました