『キングダム』魏火龍七師とは?何巻に出て来る?彼らの最後は?

呉慶『キングダム』5巻p.175 キングダム

『キングダム』で最初に登場した『魏火龍七師』の一人は呉慶でした。

では残りの六人の名前は?登場するのは何巻?

著雍の戦いで登場する三人を含め、彼らの悲しい過去とそれぞれの最後をご紹介していきます。

スポンサーリンク

『キングダム』『魏火龍七師(ぎかりゅうしちし)』とは?いつ頃の人?

『魏火龍七師』とは、魏・安釐王の時代(紀元前276年 – 243年)の七人の大将軍で、秦の六大将軍や趙の三大天と並び称された武将です。

しかし紀元前253年に六人が死亡したと伝えられ、蛇甘平原の戦いがあった紀元前245年には、呉慶が魏火龍七師の最後の一人と言われていました

スポンサーリンク

『キングダム』『魏火龍七師』のメンバーは誰?登場は何巻?

呉慶

紀元前245年、蛇甘平原で麃公(ひょうこう)と戦った大将軍。
王騎は ”知略型” と評したが、侵略者に対して退くことができない熱い思いを持っていた。趙に滅ぼされた亡国の王族。

『キングダム』5巻に登場します。

呉慶『キングダム』5巻p.175

呉慶『キングダム』5巻p.175

【戦国四君(せんごくしくん)とは】
斉:孟嘗君
趙:平原君
楚:春申君
魏:信陵君のこと。
四人とも才ある人物を数千人も食客として囲い、一国の王に相当するほどの力を持ったと言われています。

ここでは、魏・信陵君の食客頭が呉慶であったことが伍長の澤さんの口から語られました。

霊凰(れいおう)

霊凰『キングダム』35巻p.143

霊凰『キングダム』35巻p.144

呉鳳明の教師。
呉慶も恐れていたほどの冷酷無慈悲な軍略家。

呉鳳明のとっさの一言で、信に討ち取られる。

『キングダム』35~37巻に登場。

凱孟(がいもう)

凱孟『キングダム』35巻p.143

凱孟『キングダム』35巻p.143

上げた武将の首は百を超すという剛将。
竜川の二回りはデカイという巨漢!

信との一騎打ちを望むが、1日目には筍早が河了貂をさらったため中断。
2日目には河了貂を人質交換で返却。
3日目にも勝負がつかずに終わっているため、唯一の生存者。

『キングダム』35~37巻に登場。

紫伯

『槍の紫伯』としてその名を知られる、魏国史最強の槍使い。
齢十五にして討った敵の数は五百を超える、という伝説の持ち主。

王賁の龍指、龍巣をも受け止め、王賁に重傷を負わせたが、王賁に討たれる。

『キングダム』35~37巻に登場。

桓騎軍の黒桜に顔が似ている。(失礼!)

紫伯『キングダム』37巻p.55

紫伯『キングダム』37巻p.55

黒桜『キングダム』44巻p.88

黒桜『キングダム』44巻p.88

太呂慈(たいろじ) 

紫伯の妹、紫季歌を斬殺したため紫伯に討たれる。

晶仙(しょうせん) 

紫伯に討たれる。

馬統(ばとう)

紫伯に討たれる。

ガンダムくん
ガンダムくん

魏火龍七師のうち生き残りは一人だけ?びっくりだなあ

スポンサーリンク

『キングダム』『魏火龍七師』は歴史上の人物?

『キングダム』に登場する『魏火龍七師』という存在も、ここに登場する武将の名前もすべて原泰久先生によるキングダムオリジナルです。

戦国時代の魏の記録が少ないため、ということですが、『キングダム』の世界で繰り広げられる個性豊かな武将たちの物語を存分に楽しみたいですね!

スポンサーリンク

『キングダム』著雍の戦いに『魏火龍七師』が登場した理由は?

紀元前239年。

呉慶の息子・呉鳳明(ご・ほうめい)霊鳳・凱孟・紫伯の三人を将軍として著雍の戦いに出陣させるため、現王(景湣王・けいびんおう)に依頼して収監されていた三人を釈放してもらったのです。

『魏火龍七師』の最後の一人が呉慶と考えられてきました。

その理由は、呉慶を除く六人が突然世間の前から消え去ってしまったからです。

スポンサーリンク

『キングダム』『槍の紫伯』の悲しい過去と14年の空白

『魏火龍七師』の一人『槍の紫伯』こと紫詠は妹の紫季歌を愛していました。
妹といっても、紫詠も紫季歌も『前紫伯』の数多い妾の連れ子だったので、二人に血縁関係はありません。

しかし紫詠が紫伯の名を継いだ後も、二人の結婚は認められませんでした。

そして紀元前253年、紫伯が戦場に出ている間に紫季歌は火龍の一人太呂慈(たいろじ)の元に嫁がされ、太呂慈によって斬殺されてしまいました。

霊鳳・凱孟は紫伯の味方になりましたが、怒り狂った紫伯は太呂慈・晶仙・馬統●してしまったのです。

世間には、一人は趙三大天廉頗(れんぱ)との戦いで戦死、二人は流行り病で命を落としたことになっていますが、実は●されていたのです。

霊鳳・凱孟・紫伯は斬首になるところを呉慶に助けられ、地下牢に14年の間投獄されていました

ガンダムくん
ガンダムくん

14年ぶりに監獄から出て来て即戦死なんて、紫伯も霊凰もかわいそうだな

シャア専用ズゴック
シャア専用ズゴック

しかも霊凰は呉鳳明の身代わり扱いだからな…気の毒に

スポンサーリンク

『キングダム』魏火龍七師とは?何巻に出て来る?彼らの最後は?まとめ

魏火龍七師とは、魏で活躍した大将軍たちのことでしたが、紀元前253年に6人が亡くなり、呉慶が最後の一人になりました。

しかし紀元前239年、著雍の戦いに霊鳳・凱孟・紫伯の三人が登場します。

三人は14年間投獄されていたのです。(その割に元気いっぱいですが)

霊鳳は信に、紫伯は王賁に討たれてしまいます。

『魏火龍七師』については『キングダム』3537巻に詳しく描かれています。

【関連記事】

『キングダム』年表!信の年齢、西暦、巻ごとの出来事の全てが一覧に!

[新品/あす楽]キングダム (1-65巻 最新刊) 全巻セット←楽天市場でポイント貯めてキングダムを読もう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました