ギギ・アンダルシア美樹本晴彦先生の挿絵!映画とイメージ違う?

ギギ・アンダルシア挿絵 ガンダム

『閃光のハサウェイ』原作小説を読んでみました!

そこで見たのは、ギギ・アンダルシアとケネス・スレッグの挿絵

ハサウェイ・ファンのみなさんに、こちらを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

小説『閃光のハサウェイ』ギギ・アンダルシアとケネス・スレッグの挿絵はこちら!

富野由悠季先生による原作小説『閃光のハサウェイ』の挿絵は、美樹本晴彦先生によるものです。

ギギ・アンダルシア挿絵

ギギ・アンダルシア 挿絵:美樹本晴彦

ギギ・アンダルシア バスタオル

ギギ・アンダルシア

映画を先に見てしまったので、わあ‼イメージ違う!と感じました。

1989年の刊行ですから、30年以上前になりますので、今の流行を反映した映画版と違うのは当然ですね。

スポンサーリンク

小説『閃光のハサウェイ』ではギギ・アンダルシアの容姿はこう表現されている!

その少女は、すっぽりと肩を隠すような長い透明なブロンドの髪をもって、まつげも透明に輝いていた。

彼女の肌は、東洋系のきめこまかさとラテン系の色をもっていて、透明なブロンドの印象を引きしめていた。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 富野由悠季

挿絵の、繊細に描かれた透明のブロンドの髪も、少女らしさの残る脚の線も、イメージにピッタリです!

ガンダムくん
ガンダムくん

これはこれで可愛いぞ!

15歳という設定に合ってるな!

スポンサーリンク

映画『閃光のハサウェイ』のギギ・アンダルシア

ギギ・アンダルシア 映画『閃光のハサウェイ』パンフレットより

ギギ・アンダルシア 映画『閃光のハサウェイ』パンフレットより

映画『閃光のハサウェイ』パンフレットには「キャラクターデザイン原案 美樹本晴彦」と表記されています。

映画版のキャラクターデザインはpablo uchida氏。

これが2020年代のギギなんですね。

シャア専用ズゴック
シャア専用ズゴック

年齢設定は19歳に。

大人っぽくなってるよな!かわいいぜ~

スポンサーリンク

小説『閃光のハサウェイ』ではギギ・アンダルシアのモテっぷりはこう表現されている!

「(ケネスが)簡単にその少女に声をかけられたのは、少女の持つ男好きさせる雰囲気のせいと言えた。」

少女の瞬間、瞬間のバラエティあふれる表情に、ケネスは胸をつかれた。」

不思議なほどに洞察力に富み、年齢以上の知性を感じさせる会話ができるギギは、ハウンゼンのラウンジではセレブなオジサマたちに囲まれ、モテまくります。

その政府高官の妻たちの会話。
「あの少女の名前が、ふしだらなんではございません?あの名前が…」

ガンダムくん
ガンダムくん

ウケる!名前がふしだら

シャア専用ズゴック
シャア専用ズゴック

15歳の会話とは思えない知性!

IQは測定不能だろうな。

しかし、15歳でジジ転がしとは末恐ろしいぜ?

スポンサーリンク

映画『閃光のハサウェイ』でのギギ・アンダルシアのモテっぷりは?

文字で表現しなくてはならない小説と違って、映画ならギギ・アンダルシアの魅力とモテっぷりは説明不要ですね。

映画では19歳の設定ですので、大人びた肢体、知的な会話、身に付けたコスチュームも説得力が出てきます。

バウンテンウッデン伯爵の愛人ですしね。

ガンダムくん
ガンダムくん

ギギちゃん好きだー!

シャア専用ズゴック
シャア専用ズゴック

ギギちゃん素敵すぎる!

スポンサーリンク

ギギ・アンダルシア美樹本晴彦先生の挿絵!映画とイメージ違う?まとめ

小説『閃光のハサウェイ』の挿絵は、美樹本晴彦先生によるものです。

映画版とのイメージの違いは、ギギの年齢設定の違いにありました。

小説では15歳、映画では19歳なのです。

また、挿絵が描かれてから30年の時が経っていますので、元のイメージを大切にしながらも今風の再デザインがされています。

15歳のギギ、19歳のギギ、それぞれが魅力的です!

 

美樹本晴彦先生が表紙絵を描き改めた新装版です。

(買うならこっちにすれば良かった~)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました