「ナンジャモンジャ」カードゲームのルールを知って盛り上がろう!

トレンド

「ナンジャモンジャ」は今TVでも話題になっているカードゲーム。

 

もともとはロシアのゲーム「оловоногие」で、意味は「頭足類(イカやタコの仲間)」。

大きな頭に手足が生えたナンジャモンジャ族は、なんでもかんでもすぐに忘れてしまいます。彼らに新しい名前を付けてあげましょう

ということなんですね!

Amazon | ナンジャモンジャ・ミドリ | カードゲーム・トランプ | おもちゃ
ナンジャモンジャ・ミドリがカードゲーム・トランプストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

今話題のこのゲームのルールや楽しみ方を調べてみました。

 

スポンサーリンク

「ナンジャモンジャ」カードゲームのルール

 

1.カードをすべて裏返して山札を作ります。

 

2.山札から1枚カードをめくり、初めて見るナンジャモンジャだったら名前を付けます
付けた名前はしっかり覚えておきましょう。

 

3.次のカードもめくって、名前を付けて、前のカードの上に重ねていきます。

 

4.めくったカードがすでに名前を付けられたナンジャモンジャのカードだったら、
 すばやく正しい名前を言います
早く、正しく言えた人が、それまでに重ねられたカードをすべて貰います

 

5.山札がなくなった時集めたカードが多い人が勝ちです。

 

カードは12種類、5枚ずつですので合計60枚です。

これがナンジャモンジャ族。あなたなら、どんな名前をつけますか?

 

シンプルなゲームなので、ルールは以上です。
しかし、すでにいくつかのローカルルールができていますので、代表的なものをご紹介します。

 

スポンサーリンク

「ナンジャモンジャ」カードゲームのローカルルール例

 

1.めくったカードが、重ねたカードの山の一番上の物と同じとき、名前を言うのではなく「ナンジャモンジャ!」と叫ぶ。
重ねたカードの山をすべてもらえます。

 

2.ナンジャモンジャ族の名前を間違えて言ってしまったとき、そして上記1の「ナンジャモンジャ」というべき時に名前を言ってしまったときに、自分がそれまでにもらった手札の中から1枚を重ねたカードの山に置く。

 

いかがですか?

集まったメンバーでオリジナルのルールを作っても楽しいですね!

 

スポンサーリンク

「ナンジャモンジャ」でどうやって盛り上がる?

 

参加者がナンジャモンジャにどんな名前を付けるか?
イメージから名付けても、人名やアニメのキャラクターなど何でもかまいません。
名づけのセンスでも盛り上がるようです。

 

1:55~
家族でも友人でも年齢に関係なく楽しめて、記憶力の良い子どもの方が有利な場合もあります。
おじいちゃんやおばあちゃんの認知症予防にも!
思いがけない笑いに、コミュニケーションが深まります。

 

スポンサーリンク

「ナンジャモンジャ・ミドリ」と「ナンジャモンジャ・シロ」があるのはどうして?

 

「ナンジャモンジャ・ミドリ」と「ナンジャモンジャ・シロ」は12種類の絵柄が違います。

 

2人から6人で遊ぶのがおススメの「ナンジャモンジャ」ですが、「ミドリ」と「シロ」それぞれ12種類のカードが入っていますので、2つ合わせると12人くらいの大人数でも遊べます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

お家時間を楽しく過ごすために、今話題の「ナンジャモンジャ」。

そのルールとローカルルールの例、楽しみ方をまとめてみました。

仲良くしたい人たちと、クリスマスに、年末年始に、コンパクトなボードゲームで楽しんでみませんか?

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました